Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カーダシアン&ジェンナー家、それぞれの資産の内訳をチェック!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

カイリー・ジェンナーが2年連続で世界で最年少のビリオネアとなった。姉のケンダル・ジェンナーは世界一稼いだモデル、そしてキム・カーダシアンは自身のメイクアップブランドだけで、すでに1億ドルの収益を上げている。カーダシアン&ジェンナー一家が“お金“の海を泳いでいるのは秘密でも何でもないが、具体的にどのくらいの金額なのだろうか? 【写真】セクシー過ぎる? カーダシアン&ジェンナー家のドレスアップスタイル

カイリー・ジェンナー

『Forbes』によると、2019年に21歳のカイリーは世界最年少のビリオネアにして「自力でビリオネアになった史上最年少の人」となった。2020年も彼女は総資産額約10億ドル(約1090億円)で、引き続きその地位をキープ。 自身のビューティブランドを持つ彼女は、2年連続で同誌の『World’s Billionaires List』(世界のビリオネアリスト)入り。ランクも昨年の2057位から1990位にアップした。ジェンナーは以前、自身の会社Kylie Cosmeticsを100%所有していたが、最近コティ(CoverGirl、Sally Hansen、Clairolなども所有)に株式の過半数となる51%を6億ドルで売却。カイリーのビューティ帝国の価値は12億ドルと評価され、彼女自身が今もクリエイティブとマーケティングを担当している。

キム・カーダシアン

2019年7月時点で、『Forbes』はキムの総資産額を7200万ドル(約78億円)と推定。昨年は『アメリカでもっとも稼いだセレブリティ』リストの26位にランクされた。 彼女の巨額の富は主にはKKWビューティラインの成功によるもので、2018年は1億ドル以上を稼ぎ出した。プラス、宣伝や『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』からの収益もある。

クリス・ジェンナー

『Forbes』は、クリスの総資産額を3750万ドル(約41億円)と推定。『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』のエグゼクティブプロデューサーを務めていることと一家の“ママジャー”として子供たちの契約をまとめた際に収入の一部を受け取っていることによるものだ。『Forbes』によると、2016年だけでクリスは1150万ドルを稼いだ。また、最近、フェンディのキャンペーンにキムとノースと一緒に出たことなど自分でやっている宣伝活動もある。2018年には『Forbes』の「もっとも稼いだセレブリティ」リストの84位にランクされたが、2019年はランク入りしなかった。

ケンダル・ジェンナー

2018年7月、『Money』はケンダルの総資産額は約1800万ドル(約19億円)だとレポートしたが、『Celebrity Net Worth』は、現在は4500万ドル(49億円)だと推定。『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』出演料と、モデルやブランドのスポークスパーソンとしての仕事が高額な収入の源になっている。2018年には2年連続で「世界でもっとも稼いだモデル」になったと『Forbes』はレポートしている。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR

【関連記事】