Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

四季の味たっぷり「多羅城御膳」

配信

岐阜新聞Web

◆料理旅館「加登屋」 岐阜県大垣市  関ケ原から桑名に抜ける旧伊勢街道の多良地区にある店は1869(明治2)年の創業。店主で板前の小寺正喜さん(60)は6代目になる。夏は鮎、秋はキノコ、自然薯(じねんじょ)など里山の四季の味を楽しませてくれる。  昨年11月からは地元食材を使った仕出し弁当「多羅城御膳」=写真=を提供している。多羅城は戦国武将明智光秀の生誕説がある山城で、光秀ゆかりの地として名乗りを上げた同地区を盛り上げようと、小寺さんが考案した。  牧田川の鮎、山菜などの天ぷら、長範みそに漬けて焼いた鶏肉など上石津ならではの味が満載。小寺さんは「歴史散策をしながら味わってほしい」と話す。多羅城御膳は1600円(税抜き)で5個以上の予約が必要。 【メモ】▽住所 大垣市上石津町下多良503▽営業時間 午前10時から(予約を受け付け随時)▽電話 0584(45)2005

岐阜新聞社

【関連記事】