Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメカジの鮮度を上げるには? “水色”使いで違い出し!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Safari Online

お洒落セレブが”ブルー”をどう着こなしているのかを調べてみたのが今回の記事。着こなしの共通点としては、ダークカラーのアイテムと合わせているケースが多数。爽やかで開放感たっぷりなブルーに対して、濃い色合いで引き締めつつ、トップのブルーを際立たせているというワケ。ではさっそく、セレブの爽やかブルーコーデをチェックしてみよう。

01 ダークボトムと白スニで爽やか魅せ!

Scott Disick [スコット・ディシック] ブルーアイテムをよく着ているセレブの1人が、スコット。エメラルドグリーンに近い青のTシャツや淡いブルーのパーカを着ているが、どちらも合わせたパンツは黒や濃紺といったダークカラー。これによってトップの青を引き立てつつ、街に映えるほどよい爽やかさをキープしている。足元は軽快な白スニーカーにして、うまくバランスをとっているのも彼らしい。

02 黒コーデも水色アクセントでこなれて見える!

Jamie Dornan [ジェイミー・ドーナン] 爽やかなブルーをキャップで使って、渋い黒コーデのアクセントにしているアイルランド出身の俳優ジェイミー。実はベルトとスニーカーに茶を取り入れているのもポイントで、これが非常にブルーと好相性。浮いてしまいがちなビビッドカラーをなじませて、全体のお洒落度を上げることに成功している。都会的でこなれた印象ながら、どこか海っぽさも感じさせる着こなしだ。

03 水色にブラウン合わせでお洒落魅せ!

Pharrell Williams [ファレル・ウィリアムズ] ジェイミーの着こなしでも触れたように、ブルーと茶は抜群に洒落て見える組み合わせ。このパターンを利用した見事なショーツスタイルを披露しているのが、ミュージシャンでプロデューサーのファレル。足元にはイエローも取り入れて、茶を挟んで相性のいい色を配置したコーデになっている。このセンスはさすがといったところ。ボリュームのあるパーカとスニーカーでメリハリをつけるなど、シルエットの作り方もうまい!

04 サーファーにも似合いそうなスポーティさ!

Joe Jonas [ジョー・ジョナス] コチラはオーストラリアでゴルフを楽しんでいるシンガーのジョー。とはいえゴルフウエアというわけではなく、街で普通に着られるカジュアルな着こなし。開放感のある明るいブルーの長袖カットソーに、スッキリした細身の黒デニム&黒スニ。ここではゴルフだけど、こんな感じなら都会派サーファーにも似合いそう。サングラスが赤というのも、うまいアクセントになっている!

【関連記事】