Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

静岡・磐田市職員が酒気帯び運転で接触事故 警察官がアルコールのにおいに気づく

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
静岡朝日テレビ

 静岡県磐田市は、男性職員が酒気帯び運転し、事故を起こしたと明らかにしました。  磐田市によりますと、豊田支所市民生活課に勤務する55歳の男性職員が酒気帯び運転で摘発されました。 この職員は13日午前10時ごろ、市内の商業施設の駐車場に運転していた自家用車を止める際、左隣にとめてあった車に接触しました。  事故の連絡を受けた警察官がアルコールの臭いに気付き、酒気帯び運転が 発覚しました。職員は現在、自宅謹慎しています。

【関連記事】