Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【札幌1R】ボイオートスとラピカズマが同着

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
競馬のおはなし

まさかの同着

 26日、札幌競馬場で行われた1R・2歳未勝利(芝1200m)で3番人気、横山武史騎乗のボイオートス(牡2・美浦・金成貴史)と、1番人気、池添謙一騎乗のラピカズマ(牡2・栗東・安田隆行)が1着同着となった。アタマ差の3着にデンプシーロール(牡2・美浦・黒岩陽一)が入った。勝ちタイムは1:10.2(良)。  2番人気でC.ルメール騎乗、ワールドクルーズ(牝2・美浦・和田雄二)は、5着敗退。  ラピカズマ、ボイオートスがまったく並んでゴール。2頭が同着となりともに嬉しい初勝利となった。ラピカズマがレースを引っ張る展開となり、直線大外からボイオートスが差し込んで来てゴール。勢いよく外から差し切ったかのようにも見えたが、写真判定の結果はまさかの同着だった。 ボイオートス 2戦1勝 (牡2・美浦・金成貴史) 父:Dawn Approach 母:Melanippe 母父:Shirocco 馬主:ゴドルフィン 生産者:Rathregan Stud ラピカズマ 3戦1勝 (牡2・栗東・安田隆行) 父:キンシャサノキセキ 母:レイズアンドコール 母父:サクラバクシンオー 馬主:合同会社雅苑興業 生産者:ノーザンファーム

【関連記事】