Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

47都道府県「おらが村の偉人伝」大阪府・安井道頓

配信

SmartFLASH

 コロナ対策で、いまだ里帰りがしづらい今日このごろ……「郷土愛」は、かつてないほど高まっているはず。あなたは、出身地の傑物をご存知ですか? そこで本誌は、47都道府県にまつわる「おらが村の偉人伝」をお届けします。今回は、大阪府。 【大阪府】安井道頓  安井道頓は、江戸時代初期に道頓堀を掘った町人だ。1533年に河内に生まれた安井は、父とともに豊臣秀吉に仕えて大坂城の築城に従事し、その功により城南の地を与えられた。そして1612年より、東横堀川から木津川に通じる町の水路の開削事業にとりかかった。  工事が終わる前に安井は「大坂夏の陣」で戦死したが、水路の工事は続けられて1615年に完成。当初は「南堀」と呼ばれたが、松平忠明が道頓を記念するため、あらためて「道頓堀」と名づけた。

【関連記事】