Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「僕たちはコロナで、自宅からでも学ぶことができることを知った」EXITと考える“いじめ問題“ 転校や自宅学習など、環境を変える選択肢を

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 コロナ禍により、今年はすでに2学期がスタートしている自治体もある。そんな中で懸念されるのが、いじめの問題だ。20日の『ABEMA Prime』では、被害・加害の両方の経験を持つ研究者をゲストに、学校におけるいじめの問題を考えた。 【映像】EXITりんたろー。「今いる場所がすべてじゃない」夏休みの終わりに考えるいじめ問題...  教育研究者の山崎聡一郎さん(26、崎=たつさき)は、小学5年生の時、級友をかばったことでいじめの被害者になってしまったという。「きもい」「菌がうつる」などの悪口、さらには「殴る・蹴る」「持ち上げて床に落とす」といった暴力を受け、6年生になると、自分が飛び降りる姿を想像したり、首にひもを回したりするなどの自殺未遂も起こしてしまう。「2年生の時からいじめられていた友達がいて、何を思ったのか、小学5年生の時にかばった。すると“ヒーロー気取りかよ”ということになり、ずっといじめられていた子のいじめが止まらなかったどころか、自分もターゲットになってしまった」。  地元の中学校には進学できないと考え、私立中学に進んだ山崎さん。ところが今度は、自らがいじめの加害者の側に回ることになった。ある時、自分といさかいを起こした後輩が部活に来なくなり、部長として話し合いを主催し、後輩を退部させる結論に至った。“部の雰囲気を乱された”という思いを抱いたものの、担任に「皆で追い詰めるのはいじめと同じ」と指摘されたことで、自らが加害者になっていたことに気がついたという。「いじめられることのつらさは分かっていたので、自分は絶対に加害者にはならない、悩んでいる子を救いたいと思っていたので衝撃を受けた。暴力や悪口ではなかったので、自分の中で知らず知らずのうちに“このぐらいはいじめにならないだろう”と感じていたのだと思う」・。  最終的には仲直りができたものの、「やはり申し訳ないという気持ちは今でも消えていない」と話す。「もし気づいていなければ、今も加害意識を持っていなかったかもしれないし、相手は“山崎にこういうことをされて…”と悶々としていたかもしれない。そう思うとゾッとする。やはり自分なりの正義感とか、秩序を守りたいという思いから正当化されてしまいがちだが、実際には相手を傷付けているということがあると思う。いじめ問題は、このズレが難しい。これはハラスメント問題にも関わってくると思う」。  SNSの普及により、「既読スルー」「なりすましで書き込み」「裏アカで誹謗中傷」「LINEグループ外し」「IDを勝手に他人にバラされる」「個人の秘密や情報・画像の流出」など、周囲に見えにくくなっている問題もある。「“大人にバレないように”という点では根本的には変わっていない。僕が中学生くらいの頃は掲示板や“学校裏サイト”で誹謗中傷していたのが、“裏アカ”などに移ってきているだけだ。ただ深刻なのは、家に帰ってからもいじめられる、“24時間型”になっているという点だと思う」(山崎さん)。

【関連記事】