Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出控えの反動? 4連休…信州の観光地に人波 軽井沢は県外ナンバーで渋滞 「これまでどこも行けなくて」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

21日の善光寺。参道を埋め尽くすほどの人が訪れていました。この連休、行楽地は多くの観光客でにぎわっています。これまで出控えていた人たちが詰めかけているようです。 参道を埋め尽くす人。午後1時半ころの長野市の善光寺です。4連休中は例年のシルバーウィークと同じくらい混んでいるということです。 大香炉の前には行列も…。 神奈川から: 「普段自粛していたので連休は(出かけたかった)」 仲見世通りの店ではカウンターに透明なシート、店の前に消毒液を置くなどして対策を取りながらの営業です。 仲見世通りの店: 「(活気づいて)うれしい気持ちはありますが、密になってしまうのではないかと心配。不安と期待…」 一方、県外ナンバーで渋滞しているのは軽井沢です。旧軽銀座もこのにぎわい。 軽井沢も連休中は例年と変わらない人出だということです。 これまで旅行を自粛していた人が、一時よりも感染状況が落ち着き、「この休みは出かけたい」と考えたようです。 茨城から: 「久々に外に出られて家族旅行。心配な部分はありますが、せっかくの休みなんで」 神奈川・栃木の姉妹: 「どこにも行けなくて、GoToキャンペーンでやっと出かけると思ったらこんなに混んでた」 店側も対策を取りつつ今後、客足が戻ることに期待しています。 旧軽銀座の店: 「この連休の人出見ていると(来月のGoTo東京追加も)期待できるのでは」 “真田幸村”と写真をパチリ。上田城跡公園も多くの人でにぎわいました。 おもてなし武将隊・“真田幸村”: 「流行り病の脅威はどこにいったかというくらい多くの客人が来ている」 上田地域は8月以降感染者が相次ぎ、県独自の警戒レベルが4の「特別警報」となり特に県内からの観光客が激減しました。 現在は他の地域と同じレベル1に下がり、県内からの客も訪れるようになりました。 上田市内から: 「ここにきてレベル1まで下がったのでやっと外に出られたという感じ」 にぎわいが戻ってきた県内の観光地。来月からはGoToトラベルに東京も追加されさらに交流は活発化しそうですが、感染対策との両立という課題は残ったままです。

長野放送

【関連記事】