Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「大野雄はことしもノーヒットノーランできる」―。2連続KOも心配無用の川上憲伸理論

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

【サンドラを観られなかった全国のドラ友と共有したい番組のコト】 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム このコラム(?)は「サンドラ」を見られなかった全国のドラ友に話したい! との思いから番組の内容を綴る、竜党のみなさんに向けた、竜党による、竜党のためのコラム(?)である。 6月28日の放送で共有したいトピックスは、川上憲伸さんがドラゴンズの開幕ローテの先発投手を「◎」、「○」、「△」の三段階で判定する『K(川上)K(憲伸)チェック』。各投手の現状解説と今季の勝利数を予想、さらには先発投手陣におけるキーマンついても語った。 まずは、ここまで2試合に登板して0勝1敗と精彩を欠く開幕投手・大野雄大から・・・KKチェック!!

大野雄大の憲伸判定「○」

 スワローズとの開幕戦で4回4失点だった大野雄大投手は、6月26日のカープ戦に登板。初回を3者凡退の立ち上がりを見せるも、2回に2者連続本塁打を許すなど6回を被安打11・4失点で今季初黒星。防御率9.00と不安定に見えるのだが、憲伸さんの評価は意外にも高いものであった。 憲伸解説:(26日の投球は)やっぱり大野雄が帰ってきたといった感じで、ノーヒットノーランもあるんじゃないかと思うぐらいの立ち上がりでしたね。評価は『○』より少し上ぐらい。結果は出ていないですけど状態はいいと思います。ストレートの球速もあるので。ただ、このストレートの球速があるだけに、「ある程度ストレートで行けるかな」というのがバッテリーの間であるんじゃないのかなと。そこをあえて変化球(を使う配球)に変えて、バッターに変化球を意識させればノーヒットノーランが今年もあるんじゃないかという出来だと思います。(26日のカープ戦、2回表の)鈴木誠也のホームランもストレートを待っていたところに変化球がきて、ちょうどタイミングが合って前で打てたという感じでした。もう少し早めに変化球を意識させて1球、2球でその打席を仕留められるんじゃないかと思います ≪憲伸予想≫大野雄大の2020年勝利数:10勝

【関連記事】