Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイアンの引っかけに悩む元ロッテ・里崎智也に美女プロがレッスン! 名捕手が6番で196ヤード飛ばしたドリルとは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

元プロ野球選手で、現役時代は千葉ロッテマリーンズで名捕手として名を馳せた里崎智也は大のゴルフ好き。平均スコア85の腕前を持つ里崎が、さらなる上達のためUSLPGAティーチング会員の小澤美奈瀬のもとでレッスン! アイアンの引っかけ改善に挑む。

引っかけの原因は肩の回し方にあった

里崎:アイアンで悩みがありまして。方向性が悪くて、曲がるというより、いきなり左に飛び出すような弾道が出てしまうんですよね。 小澤:なるほど。まずは一度スウィングを見てみましょうか。 ――6番アイアンでさっそくレッスン開始。里崎の6番の飛距離は平均180ヤードだというが、レッスンでは一発目から192ヤードと豪快に飛ばす。しかし、弾道は左にややフック気味。 里崎:今みたいに、良い感じのときはちょっと引っかけているんですよね。 小澤:今見ていると、バックスウィングでは前傾姿勢が保たれているんですけど、ダウンスウィングになると肩の動きが少しフラットになっているんですよね。フラットになるとダウンスウィングで手元が浮いてきてリリースが早くなってくるので、インパクトでヘッドがかぶって左に出やすくなるんです。

里崎:改善するためにはどうすればいいんでしょう。 小澤:バックスウィングでもダウンスウィングでも、肩は上下に動く感じでスウィングをしてもらうと良いかなと思います。練習ドリルをひとつ紹介しますね。まず下半身は普通にスタンスをとり、上半身は両手を胸の前でクロスして手の平を両肩に乗せます(右手は左肩、左手は右肩)。この状態で下半身は動かさずに、両肩だけを上下に動かしてシャドウスウィングするんです。 小澤:このドリルで大事なポイントは、下半身を動かさないということ。もし肩がフラットに動くと、上半身につられて下半身も動いてしまいますから、下半身が動いていないということが肩が上下に動けている証拠になるわけです。そういうふうにして肩を上下に回すと、手元が浮いて来たりしません。ダウンスウィングで手元が浮くとクラブのリリースが早くなるので、噛みやすくなったりダフッたりしやすくなります。

【関連記事】