Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電子書籍の市場規模、前年から2割増の3473億円に。利用サービスでは「Kindleストア」が僅差の1位【インプレス総研調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

インプレス総合研究所は、「電子書籍ビジネス調査報告書2020」を発表した。2019年度の電子書籍の市場規模、マンガアプリの広告市場規模、事業者の動向、ユーザーの利用状況などを調査し、業界構造・ビジネス構造を分析した内容だ。本記事ではいくつかのトピックを抜粋して紹介する。 なお電子書籍については、「書籍に近似した著作権管理のされたデジタルコンテンツ」と定義。市場規模は、購入金額(個々単位の販売、月額課金モデル、月額定額制の読み放題、マンガアプリの課金など)から算出している。  

電子書籍の市場規模、前年から2割増の3,473億円。マンガアプリ広告は210億円

まず、2019年度の「電子書籍の市場規模」は3,473億円、2018年度の2,826億円から647億円(22.9%)増と推計された。「漫画村」などの海賊版サイトが社会問題となったが、2017年~2018年に相次いで閉鎖されたことで、正規サイトの利用促進が続いている。今後は順調に拡大傾向が続き、2024年度には5,669億円程度になると予測されている。

電子書籍市場規模のうち、「コミック」ジャンルに限ると、市場シェア86.1%で2,989億円(前年度から602億円増)。「文字もの等(文芸・実用書・写真集等)」ジャンルは、市場シェア13.9%で484億円(同45億円増)となっている。

無料でマンガを読めるアプリ・サービスでは、広告によりマネタイズを行っているモデルが多い。2019年度のマンガアプリの広告市場規模は210億円。動画を見ることでさらに無料でマンガを読める「動画リワード広告」、読了後に表示される「静止画・動画広告」、お勧めとして表示される「オファーウォール広告」が主流で、特に動画リワード広告が急拡大している。2020年度の広告市場は、270億円程度に達すると予測されている。  

電子書籍の利用率は44.7%、有料サービスの利用率はほぼ半分

スマホ・タブレットユーザー11,017人に対して、「電子書籍(電子雑誌を含む)の利用率」を聞くと、有料サービスの利用率は20.0%、無料サービスのみの利用率は24.7%で、全体の44.7%がサービス利用者だった。