Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岩田剛典×新田真剣佑、初共演で幼なじみ役!映画『名も無き世界のエンドロール』来年公開

配信

シネマトゥデイ

 岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演を務める映画『名も無き世界のエンドロール』が2021年に公開されることが決定した。初共演の新田真剣佑とバディを演じる。メガホンを取るのは、『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市監督。 甘いマスクも人気!岩田剛典【写真】  原作は第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫による同名小説。親がいないという共通点を持つキダとマコト、そして同じ境遇の転校生・ヨッチは支え合いながら毎日を過ごしていた。だが、20歳の時に起こった事件をきっかけに人生が大きく狂いはじめる。そして、キダとマコトは自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、10年の歳月を費やしある計画を企てる。

 岩田が演じるのは、大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない闇の交渉屋としてのぼり詰めていく男・キダ。今まで見たことがないほどのハードボイルドな男を体現し、俳優としての新境地を切り開く。キダの唯一の家族ともいえる幼なじみのマコト役が新田。マコトはキダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男を演じる。

 今作が初共演となる岩田と新田。岩田は「初共演のまっけん(新田)は、マコトという役柄に象徴されるような天真爛漫さが印象的でした」と振り返り、一方の新田は「岩田さんとは初共演でしたが、以前、授賞式でお会いしており、今回ご一緒できて、とても嬉しかったです」と共演を喜んだ。なお、新田は初めて劇中でマジックに挑んだそう。

 また、原作者の行成はこの映画化に際し、「タイトルに“エンドロール”とあるように、本作は映画というものを意識しながら書き上げた作品でした。今回、映画化されることとなり、頭の中に漠然と思い浮かべていた映像がスクリーンで観られるということに、とてもわくわくしております」と期待をあらわにしている。(編集部・小山美咲)

【関連記事】