Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「スタート前の30球」なにを何球打つのが正解? プロが教える雑念を取り除く練習ルーティン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

朝のスタート前の練習場は、1コイン25球や30球を練習して練習グリーンへと向かうのが通常のパターン。その日のゴルフを決めるといってもいい朝の練習をプロゴルファー・中村修が紹介する。

クラブは4本持っていこう

まず、コースに到着して仲間とコーヒーを飲んでゆっくり話をしてからスタートするのもゴルフの楽しみの一つですが、遅くてもスタート30分前には練習場に行き1コイン30球くらいはボールを打ってからスタートしたいものです。 30球しかないので、何本持っていくかというと、SWかAW、7番、UT、ドライバーの4本程度が適切。一番長くて軽いドライバー、一番短くて重いウェッジ。その中間で、7番とユーティリティです。あれこれ練習するよりも、この4本に絞るのがベターです。

打つ前に動的ストレッチ

さて、練習前のウォーミングアップですが、プロのトーナメントでは練習場につくと軽く素振り用のバットなどを振ってすぐに打ち始める光景を目にしますが、選手はクラブハウスでしっかりウォーミングアップをしてから出てきています。 ですから、皆さんが練習場についたら、まずは軽く体を動かしましょう。ゆっくりと筋を伸ばす静的ストレッチではなく、心拍数を上げ、血流をよくしパフォーマンスを上げる動的ストレッチをやりましょう。 動的ストレッチとはなにかですが、肩を回したり、手首や足首をブラブラさせたり、筋肉と関節を同時に動かすようにする運動です。決まった動作があるわけではないのでひざの屈伸運動や、肩回しなど幾つかの運動を組み合わせた自分なりのパターンを作っておくといいでしょう。 人間の体は、手首とひじその上に肩というように、グルグル回る関節と曲げ伸ばしする関節が交互に組み合わされていますので、関節の周辺に血流を促すように意識して動かすとケガの予防にもつながります。 ウェッジと7番アイアンの2本を互い違いに持つと、即席の素振り棒になりますので、右打ちだけでなく左打ちの素振りをしておくのもおススメします。ケガの予防とパフォーマンスアップのために練習前の3分から5分間を使ってしっかりと体を温めましょう。

【関連記事】