Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡辺明二冠、昼食前に1時間34分の長考 豊島将之名人と持ち時間も拮抗/将棋・名人戦七番勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の名人戦七番勝負第5局2日目が8月8日、東京都渋谷区の将棋会館で行われている。豊島将之名人(竜王、30)と挑戦者の渡辺明二冠(36)との戦いは、ここまで2勝2敗の五分。本局を制した方が、タイトルにあと1勝と迫る。昼食休憩を迎えたところで、形勢は渡辺二冠が、わずかに有利といった状況。持ち時間も、ほぼ互角だ。 【動画】渡辺二冠が飛車を振った1日目  現在、8つあるタイトルで豊島名人、渡辺二冠、永瀬拓矢二冠(27)が2つずつ持ち、木村一基王位(47)と藤井聡太棋聖(18)が1つ保持。だが、名人戦で豊島-渡辺、叡王戦で永瀬-豊島、王位戦で木村-藤井と、あちこちでタイトル保持者同士の奪い合いが生じている。一時は、タイトルを1つずつ持ち合う群雄割拠の時代到来かとも言われていたが、現在では徐々に数人に絞られてきている。  最も歴史ある名人をかけた七番勝負は、豊島名人が初防衛、渡辺二冠が初の名人を目指して戦っている。第4局では、終盤まで押していた豊島名人が、二択の選択から形勢を大きく損ねて逆転負けするなど、将棋の怖さも見せる戦いになっている。  本局は序盤から渡辺二冠が工夫を見せた出だしを選び、陣形をしっかり整える間もなく戦いが開始。昼食休憩に入ったところでは、1日目ではやや押され気味と見られていた渡辺二冠が巻き返したという局面だ。  本局の持ち時間は各9時間の2日制で、先手は豊島名人。 【昼食の注文】 豊島将之名人 チキン山椒焼き 渡辺明二冠 まぐろづくし(上)サビ抜き 【昼食休憩時の残り持ち時間】 豊島将之名人 3時間14分(消費5時間46分) 渡辺明二冠 3時間6分(消費5時間54分)

【関連記事】