Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネットを荒らす魔物の正体 「まとめ職人」の限界と「note」の急成長 「読者は自分だけでもいい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

膨大な情報に出会えるネットの世界を支えているのが、ユーザー自らコンテンツ制作に参加するUGC(UserGeneratedContents=ユーザー生成コンテンツ)です。多様なニーズを満たしてくれるUGCの仕組みですが、サービスを維持し発展するために数字を求めすぎるあまり誤った情報が発信される問題も起きてしまいます。2020年7月、キュレーションという新しい分野を切り開いた「NAVERまとめ」が9月30日にサービスを終了することが発表されました。その一方で急成長しているのが「note」です。変化の激しいネットの世界で起きた「選手交代」から、ユーザーの関心を集めることをゴールにした「アテンションエコノミー」の未来について考えます。(withnews編集部・奥山晶二郎) 【画像】「MERY」インターン生の業務日報、無断利用が発覚して休止したDeNA時代に行われていたこと

「まとめ職人」一大ジャンルに

「NAVERまとめ」は、もともと、韓国のポータルサイトである「NAVER」の日本版として始まりました。実は、日本での事業展開は、一度、失敗しています。最初に「NAVER」が日本に上陸したのは2000年でしたが、ヤフーやグーグルの牙城には切り込めず、2005年に撤退しました。 再挑戦は2009年。今度は「NAVERまとめ」として、ユーザー自身が、ネット上の様々な情報を集めて一つのテーマを取り上げる「まとめ」サービスに衣替えしてスタートしました。 ユーザーの関心を、そのままコンテンツ制作につなげる「まとめ」という仕組みは、人気を集めます。 2010年には、報酬制度を導入し、「まとめ職人」という名前が生まれるほど、一つのジャンルを作りました。

時系列以外の「軸」を創出

「NAVERまとめ」は、情報の届け方という面では画期的な機能でした。 旧来メディア、特に新聞に対する不満として「途中から読んでもついていけない」というものがあります。 新聞は、月額課金を基本とし、購読者が毎日、新聞を読むことを前提にした作りになっているため、1本の記事だけ読んでも、過去の経緯がわかりにくい構造になっています。ウェブに軸足が移ると、1本単位の記事で流通する機会が増え、その課題がよりあらわになりました。 「NAVERまとめ」は、時系列という一つの軸しかなかった旧来メディアのコンテンツの「単純なまとめ方」に、テーマという別の横串を加えました。 荷札の意味もある「タグ」は、ばらばらになった情報を、特定の「タグ」でたぐり寄せてひとまとまりにするウェブ上の機能を指します。「NAVERまとめ」は、どんな「タグ」を与えるかという行為自体に価値を与えました。情報そのものを生み出すのではなく、すでにある情報を編集し直し、新しい文脈のもとに「並べ直す」だけでも、ユーザーのニーズに応えるサービスにしたのです。 新聞社やテレビ局が扱うニュースの範囲は幅広く、一言で表すなら文字どおり「ニュース」としか言いようがありません。仮に、「NAVERまとめ」に「ニュース」というまとめがあったとしたら、必要とされるのは一つか二つです。 ネットでは、検索などでユーザーが能動的に求める情報は、細かく絞り込まれます。「スポーツ」よりも「サッカー」、「サッカー」よりも「Jリーグ」、さらに「J2」くらいまで限定して読みたい人もいるでしょう。ただし、1本の記事まで細分化されると、前述の「いきなり読んでもわかない」「それだけでは満足できない」という問題が出てきます。 大きすぎるとジャンルと、細かすぎる1本の記事の間を埋める単位として「まとめ」は、絶妙な規模感だったと言えます。

【関連記事】