Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボイコット企業の多くは、前から Facebook 広告削減の傾向にあった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

ボイコットがあってもなくても、2020年は広告主によるFacebook広告への支出が減る流れだったようだ。 今、小さな企業から大企業まで、多くの広告主たちがFacebook上での広告キャンペーンを一時停止している。プラットフォーム上でのヘイトスピーチの多さがその原因であり、一時的な停止から、半永久的な停止までさまざまだ。ペルノ・リカール(Pernod Ricard)やパタゴニア(Patagonia)を含めた多くの広告主たちがこの停止期間に、特にFacebookを中心としてメディアバイイング戦略を幅広く再検討している。しかし、これらのボイコットが起きる以前から、すでに再検討のプロセスを開始していた企業もあったのだ。

最大の削減はターゲット

Facebookにおける広告支出を一時停止したもっとも大きな広告主20社のうち半分以上(11社)は過去2年間において、すでにアメリカでの広告支出を減らしてきていた。アナリティクス企業パスマティクス(Pathmatics)によると、2018年にはこれらの11社は合計8億2580万ドル(約875億円)をFacebook上で費やした。 この数字は2019年には4億1700万ドル(約442億円)となった。パスマティクスによる、自ら参加したFacebookユーザーによるパネル、そしてFacebookが公に発表している数字に基づいたCPM計算を活用した分析によると、これは広告支出が2年間に49%下がったことを意味しているようだ。 この2年間における最大の削減は小売企業のターゲット(Target)だ。パスマティクスによると2018年から2019年にかけて、支出は1億4250万ドル(約151億円)から4640万ドル(約49億円)へと67%も下がった。この逆に(11社のなかで)減少が最も少なかったのはフォルクスワーゲン(Volkswagen)となっている。2018年の1470万ドル(約15億円)から2019年の1370万ドル(約17億円)と7%の減少となっている。

【関連記事】