Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「マジック:ザ・ギャザリング」、複数のカード画像の削除を発表 人種差別を想起させるという声に対応

配信

ねとらぼ

 米Wizards of the Coast社は、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」において、人種差別を想起させる可能性があることを考慮し、「Invoke Prejudice」などいくつかのカード画像をデータベースから削除したと発表しました。 【画像】人種差別を想起させる描写や文言が含まれるカード  発表によると、画像削除の対象となったカードは「Invoke Prejudice」「Cleanse」「Stone-Throwing Devils」「プラデッシュの漂泊民/Pradesh Gypsies」「Jihad」「Imprison」「十字軍/Crusade」です。イラストによる描写や文言から人種差別を想起させてしまうとして、カードの画像は「存在が許されるものではありません」という声明文に置き換えられました。  また、削除対象のカードは今後すべての認定イベントにおいて使用禁止となります。  「Invoke Prejudice」の説明はM:TG Wikiによると「対戦相手1人が、あなたがコントロールするクリーチャーと共通する色を持たないクリーチャー呪文を唱えるたび、そのプレイヤーが(X)を支払わないかぎり、その呪文を打ち消す。Xはそれの点数で見たマナ・コストである」となっており、有色人種の差別を想起させかねない内容となっていることや、データベース上で割り振られるID番号が「1488」であることから、2019年に米掲示板サイトredditなどで人種差別的なカードだと指摘されていました。  白人至上主義者などが使用するスローガンに「14 Words」と呼ばれるものがあり、「14」や「14/88」と表記されます。「Invoke Prejudice」は画像の削除だけでなく、データベースで使用するIDを変更しており、従来のIDのページへアクセスすると「NOT FOUND」と表示されます。

ねとらぼ

【関連記事】