Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ザ・ナショナルのフロントマン、マット・バーニンガーがソロ・デビュー作から新曲を公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 ザ・ナショナルのフロントマン、マット・バーニンガー(Matt Berninger)が10月16日(金)に発表するソロ・デビュー・アルバム『Serpentine Prison』から、新曲「One More Second」を公開しました。『Serpentine Prison』から公開された楽曲は「Serpentine Prison」と「Distant Axis」に続き、「One More Second」で3曲目。  この曲についてバーニンガーは「この楽曲はLost LanderのMatt Sheehyと一緒に書いた曲で、ドリー・パートンの〈オールウェイズ・ラヴ・ユー〉へのアンサー・ソング的なものを書こう、という思いで書いたんだ。ただ、シンプルで、車で聴くと最高なラヴ・ソングを書きたかっただけなんだ」とコメントしています。  『Serpentine Prison』をプロデュースしたのは、ブッカー・T.&ザ・MG'sのメンバーとしてオーティス・レディングやウィルソン・ピケットらのバックを務めてきた音楽界のレジェンド、ブッカー・T・ジョーンズ。アルバムの制作のきっかけについてバーニンガーは「ある日、それまで友人達と制作に取り掛かっていたシングル〈Serpentine Prison〉と〈Distant Axis〉のデモ・ヴァージョンを、ブッカー・T・ジョーンズへ送ったんだ。そしたら、すぐブッカーが、“その調子でどんどん書いて、掘り下げていくべきだよ”と返事をくれたんだ。その半年後には12曲のオリジナル楽曲と、カヴァー・ソングが完成していたよ。で、カリフォルニアのヴェニスに皆で集まっては、14日間でレコーディングを終了させたんだ」と語っています。また、アルバムは、バーニンガーとブッカー・T・ジョーンズが立ち上げたBook's Recordsよりリリースされます。 Photo by Chantal Anderson

【関連記事】