Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子ヤギ7頭愛らしく 元気いっぱい、来園者魅了 盛岡市動物公園【岩手】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 盛岡市新庄の市動物公園(通称・ZOOMO)で今年、ヤギの出産ラッシュが続き、今月1日には7頭目が誕生した。同園で7頭もそろうのは、2013年以来7年ぶり。寄り添って眠ったり、飛び跳ねて遊んだりと、愛らしい姿で来園者を魅了している。  同園ではここ数年、繁殖がうまくいかなかったが、今年は5月下旬を皮切りに、1カ月置きに子ヤギが誕生。30日現在、雄2頭、雌5頭の計7頭まで増えた。  いずれも「ピグミーゴート」という品種で、体が小さく足が短いのが特徴。体の色は茶色や黒のほか、茶色と白のツートンカラーもいる。飼育員によると、子ヤギたちは仲が良く、園内の広場にある岩に登って遊んだり、母親のミルクを飲んだり、元気いっぱいの姿を見せているという。  来園した同市東山の小学1年生吉田結飛君(6)は「触ると柔らかくて、餌を食べているところがかわいかった。大きく育ってほしい」と話していた。  展示時間は午前9時30分~4時30分。同園の担当者は「子ヤギたちの性格の違いなども感じながら、触れ合って楽しんでほしい」としている。

【関連記事】