Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画解説】九州南部・奄美 4日大雨警戒 来週半ばごろ 梅雨入りの所も

配信

ウェザーマップ

 梅雨前線の影響で、あす4日(木)は九州南部・奄美地方では大雨となるおそれがあります。土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水にも注意が必要です。  6月に入って、各地の梅雨入りが気になるところですが、来週の半ばごろからは、近畿や東海なども雨の降る日が多くなり梅雨入りの可能性があります。  梅雨前線が九州南部付近に停滞していて、あす4日(木)にかけては九州南部や奄美地方には断続的に活発な雨雲がかかり、大雨となるおそれがあります。  予想雨量はあす4日(木)の正午にかけて多い所で鹿児島県で150ミリの見込みで、その後もさらに雨量が増える見込みです。土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水にも注意が必要です。  週末になると梅雨前線は少し本州付近から離れて、西・東日本は晴れ間の広がる所が多くなりそうです。  ただ、大気の状態がやや不安定で変わりやすい天気となりますので、空模様の変化にはご注意ください。  この先、各地の梅雨入りが気になるところですが、近畿(大阪)の予報を見ると11日(木)ごろから雨の日が多くなり、東海などその他の地方も似たような傾向の所が多くなりそうです。  来週の半ばごろからは各地で梅雨入りの便りが届くかもしれません。  最新の予報を確認し、本格的な雨のシーズン前の今のうちに、雨どいの点検や側溝の掃除、防災グッズや避難経路の確認等をあたらめてお願いします。 (気象予報士・堀栄子)

【関連記事】