Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウィーラー&高梨に続き…オコエが楽天トレード“三の矢”になる日

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 14日、楽天は巨人とのトレードを発表。リリーフ左腕の高梨雄平(28)を放出し、高卒4年目右腕の高田萌生(22)を獲得した。両球団は約3週間前の6月25日に池田とウィーラーのトレードを行っている。短期間で2度、同一球団同士のトレードが成立するのは珍しい。  石井GMは今回のトレードについて、巨人から高梨獲得の要望があり、巨人なら一軍での出場機会があると判断。交換相手は将来性を考慮し、2018年に二軍で最多勝(11勝)を獲得した高田に白羽の矢を立てたという。二軍では藤平(21)、渡辺(24)、滝中(25)ら期待の若手がおり、同世代である高田の加入が彼らに刺激を与え、チームの底上げにつながることも期待している。楽天OBが解説する。 「16年ドラフト9位で入団した高梨は昨年までの3年間で164試合に登板、防御率1・90をマークしているが、主にワンポイントで起用されており、石井GMはイニングを稼げる投手を重視。リリーフ陣は森原やブセニッツら戦力が豊富で、巨人へ移籍したウィーラーとともに、以前からトレード候補に挙がっていると聞いていた。巨人が打診したことで意外とスンナリ決まったようです」 ■環境を変えたがっている  そんな中、他球団の間では、「楽天はさらにトレードを行う可能性がある」との声がある。ある球団の編成担当がこう言う。 「石井GMは18年8月に就任して以降、8件のトレードを成立させている。今年はコロナ特例でトレード期限が9月末まで延長。チームは首位を走り、優勝を狙える位置にいるだけに、不安を抱える先発投手や捕手などを穴埋めしたいところですから」  では、楽天は誰を放出し、誰を狙うのか。前出の編成担当は、「他球団が関心を持っているのは、高卒5年目の外野手・オコエ(22)です」と、こう続ける。 「楽天の外野陣は、ブラッシュ、島内、辰己がいて、主に指名打者で起用されているロメロも右翼を守れる。大卒2年目の小郷も成長を見せ、18年新人王の田中が二軍暮らしという状況。オコエは今季は二軍でも打率・188(14日現在)と結果を残しておらず、一軍に割って入るのは容易ではないでしょう。とはいえ、走攻守ともに潜在能力が高く、関東一高時代には甲子園やU18で活躍、知名度もある。環境が変われば一皮剥ける可能性はありますし、オコエ自身も環境を変えたがっていると聞いています」  加えて、この編成担当は、楽天が目をつけそうな選手をこう分析する。 「阪神の藤浪は、かねて他球団が調査を続けている。DeNAの左腕・砂田は救援投手で二軍暮らしが続いているが、一軍実績があり、先発経験もある。DeNAにとっても、外野手の梶谷が今季中にFA権を取得する可能性があり、右打ちの外野手は少ない。オコエを獲得するメリットはあるでしょう。捕手では、中日のベテラン・大野奨が出場機会に恵まれていないが、日本ハム時代には優勝を経験しており、経験は豊富です」  楽天が「三の矢」を放つタイミングは、意外と早いかもしれない。

【関連記事】