Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ノア・6人タッグマッチで勝利した清宮海斗。8.10武藤敬司戦に向けて「策は練ってある」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 プロレスリング・ノアは旗揚げ20周年記念興行『DEPARTURE 2020 day2』を5日、東京・後楽園ホールで開催した。 【動画】武藤敬司戦へ向けて意気込みを語る清宮海斗 『NOAH NEW HOPE』金剛興行を経て、ついに稲葉大樹がノアマット本戦に登場。まだ無限の可能性を秘める清宮海斗とのタッグに谷口周平を加えたトリオを結成した。対するフルスロットルも主役の座を簡単には許さない。ユニットでは一日の長があるだけに差を見せつけたいところ。  試合は谷口と大原の先発でゴング。谷口のパワーに押された大原がリーダー小峠にタッチすると、谷口は稲葉にタッチ。稲葉と小峠はスピーディーな動きで、見応えのある攻防を展開。フルスロットルは大原が出てくると3人で稲葉に集中攻撃するが、これを稲葉がダイビングショルダーで切り抜けて、清宮にタッチする。  8.10横浜文化体育館大会で武藤敬司とのシングルマッチが決まっている清宮は、この試合が“最後の準備”とあって、カウンターのバックエルボー、スライディングキック、レッグブリーカーと躍動。武藤戦を意識したのか、膝を狙った攻撃も目立った。さらに反転式のダイビングエルボー、高さのあるミサイルキックを決めると、谷口&稲葉が清宮を好フォロー。最後はインディアンデスロックからタイガースープレックスホールドで大原を仕留め、技の重みとグランドテクニックを加えた清宮の最終調整は、勝利で締めてみせた。  試合後、清宮は武藤戦について「そこに向けて策は練ってあるんで!あとはその領域にぶっ飛んで、踏み込んでいきたいと思ってます。武藤さんが膝を攻められることってあまりないと思うんですよ。自分の得意の投げ技というのも、相手の膝にダメージがあったら簡単に投げられるので。このあいだ投げた時も、ちょっと重いなと感じたので、その辺も試合で、今日試せて良かったと思います」とかなりイメージは完成された様子。あとは当日を迎えるばかりだ。 ◆プロレスリング・ノア◆ 『DEPARTURE 2020 day2』 2020年8月5日 東京・後楽園ホール ▼6人タッグマッチ(30分1本勝負) ○清宮海斗&谷口周平&稲葉大樹(13分33秒 タイガースープレックスホールド)小峠篤司&大原はじめ●&吉岡世起 文●どら増田

【関連記事】