Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住居侵入の罪に問われた野沢温泉村議・罰金10万円の有罪判決 長野地裁

配信

SBC信越放送

住居侵入の罪に問われた野沢温泉村議・罰金10万円の有罪判決 長野地裁

他人の住宅の物置きに侵入した罪に問われた野沢温泉村の村議会議員の裁判で、長野地裁は罰金10万円の有罪判決を言い渡しました。 野沢温泉村の村議・富井走一被告68歳は、2016年9月、村内の住宅にある物置きに侵入したとして、住居侵入の罪に問われました。 これまでの公判で検察側は「現場に残された排せつ物が富井被告のDNA型と一致した」などとして罰金10万円を求刑、弁護側は「排せつ物は他人が持ち込んだもの」などとして無罪を主張していました。 きょうの公判で大野洋裁判長は「他人が被告の排せつ物を入手するのは困難」などと指摘、罰金10万円の有罪判決を言い渡しました。 富井被告は現場にあったタイヤを燃やした器物損壊の疑いでも逮捕、送検されましたが不起訴処分となっています。 富井被告側は「不当判決で、きょう付けで控訴する」としています。