Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

橋本環奈、『ルパンの娘』続編に新キャストとして参加 “Lの一族”に復讐を果たす名探偵役に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 10月15日より放送がスタートする深田恭子主演ドラマ 『ルパンの娘』(フジテレビ系)の新キャストとして、橋本環奈、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎の出演が発表された。 【写真】橋本環奈登場シーンカット  2019年7月クールにフジテレビ木曜劇場で放送された『ルパンの娘』は、2015年8月に発表され、各書店の文庫売上1位を獲得するなど、ロングセラーとなっている横関大の同名小説(講談社文庫刊)をドラマ化したラブコメディ。代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描いた。  三雲華役の深田、桜庭和馬役の瀬戸のほか、華の父・三雲尊役で渡部篤郎、母・三雲悦子役で小沢真珠、兄・三雲渉役で栗原類、祖母・三雲マツ役でどんぐり、祖父・三雲巌役で麿赤兒、和馬の祖父・桜庭和一役で藤岡弘、、父・桜庭典和役で信太昌之、母・桜庭美佐子役でマルシア、華の幼なじみで世界を股にかける泥棒・円城寺輝役で大貫勇輔らが続投。前作同様、映画『翔んで埼玉』の武内英樹が監督、徳永友一が脚本を担当する。  前作で、運命的な出会いから恋に落ちたものの、泥棒一家“Lの一族”が全国指名手配されたため、愛し合いながらも永遠の別れを決意した華と和馬。しかし、(最終回で)尊の機転によって「Lの一族は死んだ」ことになり、ついに華と和馬は結ばれた。続編では、彼らのその後が描かれる。  続編から新たに参加する橋本が演じるのは、京都で代々続く「名探偵一家」の娘・北条美雲。亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父・宗真は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、彼女自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいる。執事もいる裕福な北条家で「お嬢」と持てはやされて何不自由なく育ったが、とある事件に巻き込まれ、北条家は没落、美雲は莫大な借金を背負ってしまう。宗真が「自分に何かあれば“Lの一族”を追え」と語っていたことから、美雲は“Lの一族”が犯人に違いないとし、“Lの一族”を探し出し復讐を果たすことを心に誓う。  美雲は、代々続く「名探偵一家」に生まれただけあって、洞察力・推理力に長けている上に頭の回転も速く、日常生活の中のささいなことにも名推理を披露するが、その一方でド天然な一面も。また、本音と建前を使い分けるなど、いわゆる京都人気質も持ち合わせている。1話では中学生、2話では高校生として登場し、3話以降は社会人となって登場。美雲は、社会人になっても莫大な借金のため実家への仕送りに追われており、ボロボロのアパートでヨレヨレの老執事・山本猿彦と暮らしながら、極貧生活を送っている。しかし、「名家の娘」としてのプライドは非常に高く、お嬢様キャラをキープすることに腐心している。  橋本がフジテレビの連続ドラマに出演するのは『警視庁いきもの係』(2017年)以来、およそ3年ぶり。橋本同様に、本作から新キャストとして登場する松尾は、和馬が左遷されてきた所轄の上司・蒲谷隆太、我修院は北条家に代々仕える老執事・山本猿彦、伊吹は「昭和のホームズ」と呼ばれた美雲の祖父・宗真をそれぞれ演じる。 ■橋本環奈 コメント ・『ルパンの娘』の印象 前作を楽しく拝見していました。コメディータッチで振り幅も大きい中で爽快感もあるという作品で、とにかく脚本が面白いと感じました。前作はキッズ層も多く見ていたと聞いていますが、本当に子供から大人まで楽しめる突き抜けた娯楽作品だと思います。ちなみに、私の実家でも家族全員で見ていました(笑)。さまざまなアクションやてんとう虫のギミックなど、『ルパンの娘』は夢のある作品ですので、オファーを頂いた際は本当にうれしかったですし、何より面白そうだなと思いました。 ・演じる美雲について 最初は中学生から始まるので、正直、大丈夫かなと(笑)。制服は、これまで着たことのないものはないんじゃないかというくらい着ていますし、高校生役もたくさん演じてきましたが、回想シーンなどを除くと中学生役は初めてです。中学生役の際は、上下、青いかわいいセーラー服で、今まで着たことのない制服なので楽しみです。美雲が劇中で使う手帳に書かれている文字を見たのですが、明らかに大人が書いているだろうというくらい達筆で(笑)。ある意味、それくらい頭脳明晰(めいせき)で高校生を逸脱した女の子なんでしょうけど、その上、京都弁で早口で……。ちょっと、詰め込みすぎなキャラクターなのかなと思いつつ、演じるのがとても楽しみです(笑)。 ・京都弁のチャレンジについて 今回のように方言を使って演じることが初めてなので苦労しています(笑)。役柄が探偵なので、セリフの中に普段生活していて使うことのない専門用語が多い上に、京都弁を意識しなければならないので。難しいですけど、京都弁は新鮮で楽しいです。 ・美雲を演じる上で心がけていること 真ん中に一本、芯がある女性だと思います。Lの一族に憎しみを抱いていて、どんな行動をしていても、その思いを根底に持っています。その思いがあるからこそ、美雲は成長していくので、そこは強く意識しています。役作りという面では、初めて方言に挑戦しますが、逆に方言があることで美雲という役に入りやすいんだなとも感じています。 ・ファンへのメッセージ 一視聴者として楽しんでいた『ルパンの娘』に出演できてうれしいです。今回の新シリーズ、新たなるキャストの一人として、作品に新しい風を少しでも吹き込ませることができたらうれしい限りです。演じさせて頂く美雲が個性の強いキャラクターですので、私個人としても今までにない役を楽しみながら演じたいと思います。是非楽しみにして下さい。 ■プロデュース 稲葉直人(フジテレビ第一制作室)コメント 前シーズンででき上がった独特な世界観。しかも“キャラの大渋滞”と言われたほど登場人物はみな強烈な個性の持ち主。その中に新たな登場人物として割って入ることは容易ではありません。さらに代々“名探偵一家の娘”という決して容易ではない役。そんな北条美雲を演じられるのは圧倒的な強度と華がある人でないとなりませんでした。そして何よりもその人が演じるんだと想像するだけでワクワクさせてくれる人でないとなりませんでした。“橋本環奈さんに演じてもらえたら”と頭をよぎったものの当代きっての売れっ子女優、そう簡単には…と最初はダメもとオファーだったことを記憶しています。ですので奇跡的にスケジュールが成立し、オファーを受けていただいたときはガッツポーズ以外、何ものでもありませんでした。しかもうれしい誤算はそれだけではありません。現場での橋本さんは、とても頭の回転が速く、観察眼にも長けていたのです。まさに名探偵一家の娘。手ごわいと思われた京都弁も指導の先生からお墨付きをもらっています。それでいて現場の空気をパッと明るく和ませる人間力を持ち合わせている。こちらの期待を完全に超えていました。橋本さんに受けていただいて本当に良かったと実感する毎日です。新たに加わった“優秀すぎる娘”の活躍をどうぞご期待ください。

リアルサウンド編集部

【関連記事】