Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

相席スタート・山崎ケイ“人妻”初仕事でのろけ いい女「証明された形」で照れ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイ(38)が15日、オンライン上で行われた『京都国際映画祭2020』公式ガイド生配信番組に出席。きのう14日に公式YouTubeチャンネル『相席YouTube』にて結婚を発表しており、この日は結婚後初仕事で「人妻初仕事です」と笑顔を見せた。 【写真】番組内で夫・立川談洲にお姫様抱っこされたラブラブショットを公開  この日は、次長課長の河本準一も登場し結婚を祝福されると「ありがとうございます」とにっこり。きのうのYouTubeチャンネルにて、お相手について「実は、もともと吉本の後輩なんですよ。今は吉本を辞めて、落語家になった立川談洲(たてかわ・だんす)さんというんですけど…。いろいろありまして、結婚しました。5歳年下で」と明かしており、この日は「吉本の後輩なので、吉本興業に入らなければ結婚できなかったかも知れないですし」と出会いに感謝した。  夫からのアプローチがすごかったそうで「ものすごくしつこかったんです、彼が。最初の印象はあんまりしゃべったことがない後輩だったので、怖かったです。『なんなの?』と思って。『好きってなんなの?』と聞いたら、『顔が好きなんです』と言われて…、そりゃ~うれしいよね」とのろけた。  すると河本は「相席スタートのネタも変わってくるで。結局モテたから」と指摘すると、「そうですね。ビジネスカップルみたいな雰囲気もありましたので。だから証明された形ですよね、私はやっぱりいい女だったということが」と笑いを誘いつつ照れていた。  山崎は1982年6月13日生まれ、千葉県出身。2013年2月、山添とともにお笑いコンビ・相席スタートを結成。『M-1グランプリ2016』で決勝に進出するなど、テレビなどで幅広く活躍している。  同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で7回目。初めてのオンライン開催となる今年は、新型コロナウイルスの大きな影響を受ける中で「映画もアートも黙らない。」をテーマにし、「京都から文化の意味を世界に問いたい」思いが込められている。映画以外にもアート、トークなどさまざまな分野を対象に展開し、15日~18日まで行われる。詳細は公式サイトまで。

【関連記事】