Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「レイカーズは全員が自分の仕事を受け入れているが、クリッパーズは…」“ご意見番”アリナスがタレント軍団の問題点を指摘

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 ロサンゼルス・クリッパーズは今季の優勝候補の一角に挙げられていた。しかしプレーオフのカンファレンス準決勝、デンバー・ナゲッツ相手に3勝1敗と先に王手をかけたが、そこから3連敗で逆転負けを喫した。現役時代に“エージェント・ゼロ”の異名を取ったスコアリングマシンのギルバート・アリナスは、タレント軍団の問題点を指摘している。  クリッパーズは開幕前に、史上初めて東西のチームでファイナルMVPに輝いたカワイ・レナード、オールラウンダーのポール・ジョージを獲得。名ディフェンダーのパトリック・ベバリー、強力シックスマンのルー・ウィリアムズ&モントレズ・ハレル、さらに今季途中には得点力のあるマーカス・モリスを補強するなど充実の陣容を完成させた。  レギュラーシーズンは49勝23敗(勝率68.1%)でロサンゼルス・レイカーズに次ぐウエスタン・カンファレンス2位につけたが、プレーオフではダラス・マーベリックスとの1回戦、ナゲッツとのカンファレンス準決勝ともに苦戦。特にナゲッツとのシリーズでは3勝1敗と王手をかけた時点で、カンファレンス決勝はレイカーズとの“LA対決”が濃厚と見られたなかで、3連敗での敗退は大きな衝撃を残した。    特に、3連敗を喫した第4~6戦はいずれも前半にリードを奪いながら、後半に逆転されて地力の差を見せつけられる形となった。アリナスは『Fubo Sports』のインタビューで、クリッパーズが抱える“問題点”について指摘している。 「俺は最初からレイカーズがファイナルに勝ち上がると言っていた。レイカーズはそれぞれが役割を理解しているからだ。(選手)全員が自分の仕事を受け入れている。クリッパーズがそうだったかと言えば疑問だね。メディアにはクリッパーズ派が多かったけど、今年の彼らは支配的ではなかった。連勝は最長で7。ニューオリンズ(ペリカンズ)やニューヨーク(ニックス)のようなチームにも負けている。唯一負けていないのはカンファレンス最下位のチーム(クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズ)なんだ」  

【関連記事】