Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新社会人の初任給の使い道、1位は「貯金」ではない!?コロナの影響がでた結果に

配信

LIMO

4月に新社会人となった人の多くは初任給をもらい、計画的に使ったのではないでしょうか。また社会人になって3年目の人もお金の使い方を考えたり、将来設計も始まっているかもしれません。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあります。auじぶん銀行㈱が行った「新社会人と社会人3年目のお金に関するアンケート」をもとにして、新社会人と社会人3年目の人のお金の使い方などを見ていきましょう。 この記事のグラフを見る

新社会人の初任給の使い道、2位は貯金、では1位は?

auじぶん銀行㈱が行った「新社会人と社会人3年目のお金に関するアンケート」(調査期間:2020年4月24日~2020年4月28日、調査対象者:新社会人250名、社会人3年目250名の男女計500名、調査主体:auじぶん銀行㈱、調査方法:ウェブアンケート調査)によると、新社会人の初任給の使い道(使う予定も含む)で最も多い回答は「家賃」で51.6%、次いで「貯金」の49.2%、「食費」の46.0%、「光熱水費」の39.2%となりました。生活に必要な固定費や貯金に使う堅実さが伺えます。

もしCOVID-19がなかったら初任給を何に使っていた?

2020年の場合にはCOVID-19という特殊な事情もあります。そこでもしCOVID-19がなければ初任給を何に使っていたのでしょうか。回答が多かった順に「家賃」が17.2%、「旅行」が13.6%、「家族へのプレゼント/仕送り」が13.2%、「趣味」が13.2%という結果になりました。 今年の初任給の使い道として2番目に多かった「貯金(49.2%)」が9.2%に留まっていることから、COVID-19による不安が初任給の使い道にも影響を及ぼしていたと思われます。

新社会人と社会人3年目の貯金額はいくら?

新社会人と社会人3年目の方に貯金額を質問したところ、「10万円以上~50万円未満」が最も多く31.0%、次いで「50万円以上~100万円未満」が17.2%、その次に多かったのが「貯金はない」で15.6%となりました。 新社会人と社会人3年目で貯金額を比較した場合、両者において最も多かったのが「10万円以上~50万円未満」で新社会人では37.6%、社会人3年目では24.4%となりました。100万円以上の貯金がある人は新社会人で26.8%、社会人3年目では45.6%という結果が出ました。社会人3年目はこれまでコツコツ貯金をしてきたのかもしれません。 一方で「貯金はない」が新社会人で19.2%、社会人3年目で12.0%となっています。先ほどの貯金額と比較しても、大きな差がないことがわかりました。

【関連記事】

最終更新:
LIMO