Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ “県境越える移動” あす 全面解除/富山

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
チューリップテレビ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛が続いていた東京など5つの都道県との往来について、県は予定通り、19日から自粛を解除するとしました。  これで全国の都道府県との行き来ができるようになります。  県は、国の緊急事態宣言が解除されたあとも感染者が相次いで確認された東京・神奈川・千葉・埼玉と北海道の5つの都道県との往来については緊急性の高いものを除いて慎重に判断するよう求めていました。  期間は今月1日から18日までで19日以降については全国の感染状況をみながら判断するとしていましたが、県は、予定通り19日から解除することを決めました。  これで全国の都道府県との往来の自粛が解除されます。  「国の方でも19日から全都道府県をまたぐ移動について可能になる」「県内感染状況踏まえて19日から全都道府県への移動について解除させていただく」(新型コロナ対策本部総務班・菊地正寛班長)  ただ、東京都では18日も41人の新規感染者が確認されるなど連日10人から50人程度の感染者が新たに確認されていることから県では行き先の地域の感染状況に注意し、人と人との距離を確保するよう呼び掛けています。  「基本的な感染防止対策をとっていただくことと移動先の感染状況、住んでいる県の感染状況十分に確認した上で慎重に移動していただければ」(新型コロナ対策本部総務班・菊地正寛班長)  その上で、県外における感染リスクが高い施設や繁華街での接待を伴う飲食店などの利用については引き続き慎重に判断するよう求めるとしています。  制限されていた県をまたぐ移動の自粛が19日から全面解除されることをうけ街の人は…。  「もうそろそろいいんじゃないかとは思ってますけど、(感染者が)たくさん出たところから来られる方もいらっしゃる。その辺はちょっと心配」「大丈夫な気がするけど。気つけていればね。外国から来るようなことは嫌だなと思う」(県民)  一方、富山から東京などへ足を伸ばすことについては…。  「まだちょっと怖いですかね。再開して新型コロナの感染が広がらないようであれば考えようかな」「特別に新型コロナがどうだとかそんなこと関係ないですよ。行きたい時には行きたいと思います」(県民)  一方、県外の移動の本格化に期待を寄せるのが新型コロナの感染拡大で大打撃を受けた旅行会社です。  しかし、現状は…。  「今のところ正直(予約は)ほとんど入っていません。首都圏との往来、自由に国内だけでも移動できるような。国内旅行で需要は見込めるかな」(ニュージャパントラベル・松田社長)  感染が拡大した2月以降、予約が入らず、国の緊急事態宣言が解除されたあとも県境をまたぐ往来の自粛が続いたため県内の観光地に人の姿はほとんどみられません。  一度遠のいた客足が戻るのには、もうしばらく時間がかかるとみていますが、今後の巻き返しに期待をこめます。  「お客さんが旅行というものに、今まで受けていたストレスを発散したいという希望が出てくると思いますので、即座に(旅行をプランを)実行できるようにして、皆さんに元気になってもらいたい」(ニュージャパントラベル・松田社長)  こうした中、黒部市の宇奈月温泉では旅館や地元商店街の方を対象とした講習会が開かれました。  内容はコロナ禍における県外宿泊客への応対方法で、バスでの送迎の際は人数制限を設けたり脱衣所に置くタオルを使い捨てのペーパータオルにするなどの感染防止対策が紹介されました。  宇奈月温泉旅館共同組合によりますと5月の宿泊客数は前の年に比べて99パーセント減少していて、組合では18日から始まる最大で料金の半額が免除される県の観光キャンペーンを皮切りに夏の旅行シーズンに期待を寄せていました。

チューリップテレビ