Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

免疫力をアップさせる生活習慣【夜編】 小さな習慣も、毎日やり続けることで価値が出る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

小さな正しい習慣を毎日やり続けることで、免疫パワーは蓄えられる。24時間、免疫に優しい生活を始めよう。

眠りで免疫強化。アクティブからリラックスモードへ。

一日の生活で何より重視したいのはメリハリ。 夕方までは極力アクティブに動き、日が落ちたら照明を落とした環境でのんびり穏やかに過ごす。これが明暗に合わせた体内時計のサイクルに沿った暮らしで、自然免疫は高まりやすい。 ゆったりリラックスできたら、自律神経が交感神経から副交感神経優位へと切り替わる。副交感神経がオンになると、免疫細胞がパトロールモードになり、リンパ節を出て体内を巡り、外敵や感染した細胞を攻撃してくれる。 そして時間をかけて入眠の準備をして、質の高い眠りへ導こう。 「睡眠時間をなるべく長く確保し、血管を緩める時間を長く取るほど、毛細血管は増えやすくなります」

【19:20】牛肉、牡蠣など亜鉛と鉄分が豊富な食材を夕飯に取り入れる。

ミネラルも免疫と関わる。亜鉛は免疫細胞の新陳代謝をサポートし、鉄分は酸素を細胞に運ぶ手助けをしてくれる。牛肉には亜鉛と鉄分、牡蠣には亜鉛が豊富。多彩な食材でミネラルを補おう。

【20:00】お笑い番組で涙が出るほど笑う。

笑いは身近なようで案外奥深く、最新の研究では笑いで免疫力が上がるというリポートもある。2018年、大阪国際がん研究センターは、落語や漫才などを鑑賞したがん患者全体で、免疫細胞の増加傾向が見受けられたと報告している。 免疫細胞の数をただカウントするだけでは免疫力は測れないけれど(「まんがで学ぶ、免疫にまつわる17のキーワード」を参照)、他にも緊張や抑うつ、疲労といった項目で改善が見受けられているから、笑いを日常に取り入れるのはストレスを減らして免疫力を高めるうえで決して無駄ではない。

【20:30】リビングの照明を落とす。

暗くなると朝、脳で作られたセロトニンからメラトニンというホルモンが生じ、体内時計が正確に時を刻むのを助ける。光を浴びるとメラトニンが減るので照明は落として。

【20:35】シャワーではなくぬるめのお湯で浴槽入浴する。

40~41度のぬるめのお湯で額から汗が流れるまで15分ほど浴槽入浴すると、体温が上がって血流も良くなり、免疫細胞が働きやすくなる。シャワーで済ませるのはもったいない。

【関連記事】