Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【一問一答】Appleの「 IDFA 」とは何か?:iPhoneユーザー向けの広告識別子

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

Appleは6月22日の月曜日に、WWDC(世界開発者会議)を開催した。そこで発表されたiOS14において、広告識別子のIDFA(Identifier For Advertising)を利用するのに、アプリごとにユーザーから許可を得ることが必須となった。 今年、アドテク業界は事の成り行きをオンラインで見守っていた。業界には、Appleが広告識別子のIDFAを廃止するのではないかという憶測が飛び交っていたからだ。IDFAは、広告主がiOS端末のアプリ内でユーザーのターゲティングとトラッキングを実行するための唯一の手段となっている。 IDFAが使えなくなれば、特にそれが完全な廃止となると、推定2000億ドル(約21兆円)超のモバイル広告市場に多大な影響を与えることになる。モバイルOSの世界市場に占めるAppleのシェアは26.7%だが、同社のユーザー基盤には富裕層が多く、そこにリーチしたい広告主は割高な広告費を支払う傾向がある。IDFAに関する今後の動向について、おさえておきたい要点を以下に掲げる。

──IDFAとは何か?

IDFAはAppleがユーザーのデバイスにランダムに割り当てる固有のIDで、広告主やデータ企業はこのIDを活用してユーザーと広告のインタラクションを計測する。ただし、データは集計値で、個人を特定することはできない。 これまで、IDFAは既定値では「オン」になっているが、デバイス上で「追跡型広告を制限」の設定を有効化すれば、IDFAを「オフ」にすることができ、このような広告の配信からオプトアウトできる。マーケティングインテリジェンスプラットフォームのシンギュラー(Singular)によると、米国で「追跡型広告を制限」の設定を有効化しているユーザーは、30%をわずかに上回る程度という。 この秋にリリースされるiOS14では、このIDFAについて、アプリごとに利用の許可をユーザーに求める必要が出てきた。アプリデベロッパーは、自発的にダイアログを表示して、ユーザーにその利用の可否を問わなくてはならなくなる。

【関連記事】