Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

知ってた? 東京都「あきる野市」の「あきる」が平仮名表記のワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

ある意味「知名度」が高い自治体

 東京西部に位置する、あきる野市。周辺エリアの自治体では八王子市や青梅市、福生市に比べて、若干マイナーな存在です。 【地図】意外と知らない? 東京都「あきる野市」の位置をチェックする  都心から向かうと、立川駅か拝島駅から五日市線に乗り換えるといった、実にローカルなエリア。  今夏は外出に気を遣わなければなりませんが、都心から少し遠くにいきたいと思ったときにはオススメです。ちなみに都心に比べて涼しいため、夏に訪れると驚きます。  そんなあきる野市ですが、ある意味「知名度」が高いことで知られています。なぜかというと、 「平仮名と漢字の混じった市名が珍しい」 から。確かにインパクトは大きいですね。

これまでに「平仮名の市」は存在した

 あきる野市は、日本で初めて平仮名と漢字が混じる名前の市となりました。  それまで、青森県の「むつ市」や福島県の「いわき市」など、平仮名だけの市はありましたが、平仮名と漢字が混じる名前はありませんでした。  むつ市は元々、大湊田名部市(おおみなとたなぶし)という名前でした。しかし名前が長すぎ、かつ読みにくいということで、1960(昭和35)年にむつ市となりました。  当初は「陸奥(むつ)市」になる予定でしたが、読みの難しさや日本海軍の戦艦「陸奥」と同じということで批判もあり、平仮名となりました。  陸奥は太平洋戦争中に戦闘ではない謎の爆発事故で沈没したことで知られているため、あまり縁起のよいものではないとされたのでしょう。

なかなかまとまらなかった合併協議

 では、あきる野市はいったいどういう経緯で平仮名と漢字が混じる名前となったのでしょうか。  あきる野市が生まれたのは1995(平成7)年9月で、その前身は秋川市と五日市町です。  もとは1955(昭和30)年に東秋留(あきる)村と西秋留村、多西村が合併した秋多町と旧五日市町、増戸村、戸倉村、小宮村が合併した五日市町から始まっています。  この地域では、日の出町と檜原村も加えた合併の声が早くから存在していました。  秋多町は1972年に秋川市となりましたが、この時点で、秋川流域4市町村と呼ばれるこれらの地域は将来対等合併すること、秋川市はそれを前提に市制を施行する協約書を締結しています。  この協約書は、合併予定期日を1975年4月1日としていました。しかし合併協議はなかなかまとまらず、4年ごと6回にわたって合併予定期日の変更だけが続いてきました。

【関連記事】