Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【OL100人が回答】コロナ禍による「心の疲労」を訴えるOL34%の悲痛な叫び

配信

with online

緊急事態宣言の発令から解除までおよそ1ヵ月半。20~30代のOLの生活もこれまでとは違ったものに一変。果たして彼女たちの「心の状態」はどう変化したのでしょうか。 【OL100人の本音】外出自粛で仕事がなくなったのに、月30万稼いだ驚きのテクとは そこでOL100人に緊急アンケート! 仕事、友人関係、恋愛……様々な状況の変化がOLに与えた変化とは。心の状態が「良くなった」「変わらない」「悪くなった」の3回答ごとにわけてレポートします。

全体の34%の人が「心の不調」を訴えている。過度なストレスを感じ、自己嫌悪に陥る人も

外出自粛により、人とのコミュニケーションが激減。また、感染への恐怖心や不安、悲しみなど、負の感情が生まれたことで心の状態が以前より悪くなったという人は、34%にまでのぼった。 最も多かったのが「家族や友人、彼氏など大切な人たちに会えなくなってツラい」(29歳・メーカー)という声。 緊急事態宣言後のゴールデンウィークに、実家への帰省や恋人との旅行を予定していた人は、キャンセルをする羽目になり、ひとりで過ごしたという意見も。 「大切な人に移してしまう恐れもあるため、会社の同僚とも飲みにいけない、彼と食事にも行けず、寂しくひとりぼっちで食事をしている毎日。孤独感がすごいです……。何か悪いことがあったわけではないのに、自分に対する嫌悪感も生まれてきてしまって……」(28歳・広告)とひどく落ち込む人も。 パートナーと同居している人も外出禁止が続いたことでお互いにイライラして、ちょっとしたことでケンカをして言い合いが増えた……など、いつの間にか心に疲れが溜まってしまった人が多いようです。

やはりファッションや美容はOLの生きる糧だった。オシャレできないことがフラストレーションに

他にも、「大好きなアーティストのライブチケットをせっかく買ったのに、ライブが中止になって楽しみが減りました」(26歳・事務)、「買ったばかりの洋服を着て出勤したかったのに、仕事は完全リモート。着て行く場所がどこにもありません。家ではノーメイクで3日に1度の買い物もマスクをするので、メイクも手抜きメイクになって、何もやる気が起きません……」(32歳・航空系)など、趣味やオシャレを思いきり楽しめなくなったことで、モチベーションダウンしている人も。

【関連記事】