Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外転勤で夫婦関係は?知られざる駐在妻のリアル【駐妻白書2020】|CLASSY.

配信

magacol

婚活の末結婚を決めた彼が、結婚したばかりの夫が、急に海外転勤になったら…あなたならどうしますか?サラリーマンである以上、辞令は急にやってきます。今の時代珍しいことではなくなりつつある海外転勤。それに帯同して海外に移り住んだ奥様達を世間では『駐妻(ちゅうづま)』なんて呼ぶらしい。実は、筆者自身も新婚早々 夫に帯同して海外へ引っ越した、いわゆるアラサー「駐妻」の一人です。 【駐妻白書2020】転勤先は中国?夫の職業は商社?駐在妻72人の実情を大公開! 【駐妻白書2020】では、世界各国に住む駐在員の奥様72名にアンケートを実施!すでに駐在している方や駐在予定の方はもちろん、未知の世界をちょっと覗き見してみたい!なんて方にも分かりやすく、謎のベールに包まれた「駐妻」の生活や実情、リアルな声をお届けしていきます。 第七弾の今回は駐妻の夫婦関係について!海外転勤がきっかけで、夫婦のあり方や関係性にどんな変化があったのか調査していきます。

駐在妻の夫婦関係アンケート(1)駐在になってから夫婦仲は変わりましたか?

6.9%の方が【悪くなった】と回答しているのに対し、半数以上の方が【現状維持】もしくは【良好になった】と回答しています。また、4.2%の方が【駐在を機に結婚した】と回答しています。

具体的にどのような変化があったのでしょうか?

一番多かった回答は…【夫婦の時間が増えた】 「日本と違い飲み会がほとんどないため、夫婦の時間が増え、平日の夜ご飯を一緒に食べたり週末一緒に出かけることも増えた。」(30代/アメリカ在住) 「日本にいたときより飲み会が減り、家族で過ごす時間が増えた」(30代/香港在住) 「お互い遅くまで飲み歩かないようになったので、夫婦ふたりでの会話が増えた」(20代/アメリカ在住) 「一緒に過ごす時間が増えて、色んなことを共有できるようになった。自分に余裕ができて夫のサポートが全力で出来るようになった」(30代/中国在住) “日本と比べると”飲み会の頻度が減ったという回答が多い印象でした。日本で共働きだった夫婦の場合は、自分自身が専業主婦になることによって、特に二人の時間が増えたと感じる方が多いのも納得です。

【関連記事】

最終更新:
magacol