Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シティ、4発で王者リヴァプールに快勝!南野は終盤からプレー

配信

SPORT.es

2日、プレミアリーグ第32節マンチェスター・シティ対リヴァプールが行われ、同一戦は4-0でシティが快勝している。 クロップ、グアルディオラを賞賛「とても尊敬している」 試合は開始早々から互いにチャンスをつくる。 3分、ジェズスが抜け出してゴールネットを揺らすもこれはオフサイドの判定に。 直後の4分にはファン・ダイクのロングフィードからサラーが抜け出してシュートを放つも、エデルソンのセービングもあって得点は生まれず。 19分には再びサラーがカットインからシュートを放つもこれはポストに阻まれた。 共に背後を狙った攻撃を仕掛けたが、スコアを動かしたのはホームのシティだった。 24分、スローインからペナルティエリア内でスターリングがボールを受けると、ジョー・ゴメスに倒されてPKを獲得。これをデ・ブライネが決めて、シティが先手を突いた。(1-0) 勢いに乗るシティは追加点を奪う。35分、素早いカウンターから最後はスターリングが決めて2-0となった。 シティは王者をさらに突き放す。45分、バイタルエリアでのパスワークからデ・ブライネとのワンツーでフォーデンが抜け出す。若きイングランド人選手がゴールネットを揺らした。(3-0) 前半のうちにシティが3得点をマークして、同一戦は試合の半分を折り返した。 後半もシティがカウンターからスターリングやジェズスがゴールを狙う。3得点目を決めたフォーデンもシュートを放つもゴールならず。 リヴァプールも攻め入るシーンを作るが決めきれず。 すると66分、シティが王者相手に4点差とする。 中盤のボール奪取から速攻を仕掛ける。デ・ブライネのパスにペナルティエリア内でスターリングが受けると、カットインをしてゴールに流し込み、この日2点目をマークした。(4-0) アディショナルタイムにはマフレズが得点したかと思われたが、VARでその前のシーンでハンドが判定され、ゴールは取り消された。 結局同一戦はこのまま終了。(4-0) リヴァプールは今季リーグ戦2敗目を喫した。 なお、この日ベンチ入りした南野拓実は、試合終盤からマネに代わって出場している。 【マンチェスター・シティ】 ■GK エデルソン ■DF カイル・ウォーカー(カンセロ) エリック・ガルシア ラポルテ(オタメンディ) バンジャマン・メンディ ■MF ロドリ デ・ブライネ ギュンドアン ■FW フィル・フォーデン スターリング(ベルナルド・シウバ) ガブリエル・ジェズス(マフレズ) 【リヴァプール】 ■GK アリソン ■DF アーノルド(ネコ・ウィリアムズ) ジョー・ゴメス(チェンバレン) ファン・ダイク ロバートソン ■MF ファビーニョ ヘンダーソン ワイナルドゥム(ナビ・ケイタ) ■FW サラー フィルミーノ(オリギ) マネ(南野拓実)

【関連記事】