Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベロベロに酔っぱらったリアム・ギャラガーが酒場で名曲を熱唱する映像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 ロックバンド「オアシス」の元フロントマンとして知られるリアム・ギャラガーの半生を追ったドキュメンタリー『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』(9月25日公開)から、リアムが酒場で名曲「Bold / ボールド」を歌う姿を捉えた本編映像が公開された。 名曲誕生の瞬間!『リアム・ギャラガー』本編映像  メンバーである兄のノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、バンドが解散状態になってしまったオアシス時代。その後、新たにバンド「ビーディ・アイ」を結成するもうまくいかずに解散となって、リアムは失意の底に沈むことになる。本作では、そんななか自らの力だけで音楽の世界を生き抜くことを決意し、成功から挫折、苦悩、復活まで経験したリアムの素顔に迫る。

 オアシス解散後、離婚訴訟問題が勃発し、ビーディ・アイも軌道に乗らずに自然消滅してどん底にあったリアム。そんなある日、彼は酒場でギネスビールを飲み続けていた(ちなみに結局、8時間飲み続けることになる)。ベロベロに酔っぱらったリアムは、その勢いで酒場の老人が渡してきたギターを手に、当時まだ発表されていなかった「ボールド」という曲を演奏するのだが、後にこの様子を撮影した映像がネットにアップされ話題となることに。今回公開された本編映像では、当時の映像とともに「飲んだギネスは、ほぼ30杯」「誰かがギターを出してきたら、俺が弾いてた」と振り返るリアムの姿が映し出されている。

 また、元オアシスのメンバーのボーンヘッドが、リアムが楽曲発表前に「ボールド」を送ってきたときのエピソードを語る場面も。破天荒な行動でもたびたび話題となっていたリアムだが、ボーンヘッドは「(「ボールド」を送ってきたときは)『聴けよな。頭がブッ飛ぶぜ』っていう態度じゃない。『どう思う? いいかな?』と、もっと謙虚な態度だった」と意外な素顔を明かしている。(編集部・吉田唯)

【関連記事】