Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美人講師の「在宅1分ヨガレッスン」首こりを改善するポーズ

配信

SmartFLASH

 外出自粛で自宅にこもり、鬱々としている方も多いはず。そこで本誌が、前向きな気持ちになるための「お手軽ヨガレッスン」を開講します!  お手軽な1分ヨガを教えてくれるのは、ヨガ講師として全国を飛びまわり、累計1万人以上を指導してきた京乃ともみさん(32)だ。 「ヨガは、圧倒的に怪我のリスクが低いので、運動不足の方にこそ、おすすめです。生命保険会社や飲料メーカーなど、数多の企業でヨガ講習会をおこないましたが、“ヨガは女性のもの” と考え、乗り気じゃない男性も多かったんです。  でも、いざやってみると “体が軽くなった” とおっしゃいます。ヨガは心身をリラックスさせ、気持ちを前向きにさせます。コロナのせいで憂鬱な方こそ、ぜひ挑戦してみてください」  今回は、ヨガの効果を実感してもらうために、簡単な首こり改善のポーズをご紹介しよう。 ●首こりを解消する「セクシー筋脱力ポーズ」 「在宅ワークでパソコンやスマホの使用時間が長いと、(冒頭の)写真で指をさしている、首の『セクシー筋(胸鎖乳突筋)』がこりやすくなります。まず、肩を正面に向けたまま、どこまで首を左に回せるか確認してみましょう」(京乃さん、以下同)

「顔を正面に戻したら、左手でこめかみを押し、こめかみは逆に左手を押し返す(上の写真)。その状態を5秒間キープしたあと、口から思いっきり息を吐いて脱力します。この動作を2回繰り返す」

「すると、先ほどより首が回るようになっているはずです(上の写真)。左右3セットずつすると、こりがほぐれ、姿勢もよくなります」 きょうのともみ 1987年11月29日生まれ 兵庫県出身 タレント活動を経てヨガ講師として活躍。現在、数多のプロアスリートにも指導をおこなっている。著書に『働くみんなの1分すぐ楽ヨガ』(学研プラス) 取材協力・LP BASE 虎ノ門 (週刊FLASH 2020年5月5日号)

【関連記事】