Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エアコンなく授業は… コロナで夏休み短縮 暑さ対策どうする 長野県内一部の自治体で設置に遅れ

配信

NBS長野放送

既に暑い日が続いていますが、長野市の山間部や松本市ではエアコンの設置が遅れています。新型コロナの影響で夏休みが短縮される中、「熱中症」の懸念もあり、対策に迫られています。 山あいにある長野市の中条小学校。市街地に比べ、涼しそうに感じますが…。 児童: 「暑い。涼しくない」 中条小では、普通教室に扇風機はありますが、エアコンはありません…。 長野市教委は、近年の夏場の暑さを受け、市内の小中学校の教室にエアコンの設置を進めています。市街地の学校では整備が進んでいますが、中条小など中山間地の小規模な学校では、まだ、設置されていないところがほとんどです。 エアコン未設置のまま迎える夏本番。5時間目の前…。 4年生の担任: 「27.6度になって割りと涼しいけど移動しますか?」 次に向かった先は…エアコンのある音楽室。音楽室で国語…。 児童: 「暑いとあまり集中できなくて、だから涼しい方が集中できる」 今年は、新型コロナによる休校の遅れを取り戻すため、夏休みを短縮し、授業を行うことが決まっています。学校では、今後、気温が28度を超える場合は、エアコンがある特別教室を活用し授業を行うことにしています。 中条小・工藤美恵校長: 「子どもたちは『とても快適』との声があったので、暑いときは無理せず特別教室を使って授業していこうと思う」 市教委は本格的な夏を前に、未設置の学校に少なくとも一台はエアコンを設置するとしています。 一方、松本市でもエアコンの整備が遅れています。 こちらは、松本市の清水中学校。全ての普通教室にエアコンが設置されていないため、扇風機3台を使い、暑さをしのいでいます。 生徒: 「暑いです」 「教室にエアコンをつけてほしい」 県内の小中学校では、夏休みの短縮の動きが広がる中、清水中では「暑さ対策」として、あえて夏休み期間を4日延長することにしました。そこで学校ではその期間中、希望者はエアコンのある図書室などで補習ができるように環境整備を進めたいとしています。 清水中学校・橋倉美奈子教頭: 「今年の夏(の導入)はまだ無理ではないかと感じている。いろいろと考えながらやっていきたいとは思っているが、できるだけ早く着工してもらえれば」 松本市教委によりますと、小学校の3年生から6年生の教室、中学校では全学年の普通教室でエアコンが整備されておらず、夏休み前までに設置は間に合わないということです。 市教委は、扇風機やミストシャワーなどの設置を検討しています。

長野放送