Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヨガ」と「床の磨き掃除」なら、どっちがより燃える? 代謝を活性化させる9番勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

ダイエットの原風景といえば、銀色のサウナスーツを着て汗だくでランニングをすること。えっ? 今もそれやってるんですか? 二択の代謝力対決9番勝負。少しでもエネルギー消費量の高い方を選ぶ力を磨いて、理想の体型に近づこう!

今もそれ、やってるんですか?

焼き鳥で塩を選ぶか、タレを選ぶかでカロリーは変わる(焼き鳥の塩の方が約8キロカロリー低カロリー)。違いは微々たるものだが、塵も積もれば山となる。 たとえば、1日当たり60キロカロリー(塩約8本分)のマイナスを作ってやるだけで、4か月あれば体脂肪換算で1kg(7,200キロカロリー)痩せるのだ。 代謝力でも話は同じ。エクササイズの種類はもちろん、ウェア、フォーム、タイミング、運動前のドリンクなどにより、カロリーの消費量には差が生じる。 それがスズメの涙ほどの違いにすぎないとしても、より高い方をチョイスするように心がけると、焼き鳥と同じく“塵積も”効果でカラダが一層引き締まる。トレーニング以外でも、食べ物の味や入浴の仕方でも代謝力には差がつく。

1. サウナスーツ VS ランニングウェア

サウナスーツで走ると熱っぽくなって代謝が上がった気になるが、それは誤解。発汗しても蒸発しないので熱が籠もっているだけ。辛くて長く走れないから体脂肪も燃えにくい。吸汗速乾性に優れたランニングウェアなら汗を蒸発させ、熱を発散しながら長時間走れる。 気化熱で筋肉を冷ましながら長時間体脂肪が燃やせる。ランニングウェアの勝ち!

2. バタフライ VS クロール

競泳選手を除くと、多くの人にとってクロールよりもバタフライの方がしんどく感じるに違いない。それはバタフライの方が高負荷な証拠だが、しんどい運動は長続きしない。低負荷なクロールでずっと泳ぎ続けることができたら、代謝もそれだけアップするのだ。 「太く短く」ではなく、「細く長く」が正解なのだ。クロールの勝ち!

3. 朝の運動 VS 夜の運動

早起きで朝型なら朝、夜更かしなら夜の方が運動の時間は取りやすい。だが、運動後に続く「EPOC」に注目すると朝の運動は値千金。日中ずっと代謝が上がって体脂肪が燃え続ける。夕方以降は代謝を下げる副交感神経が優位でEPOCが打ち消される。 燃焼スイッチを入れたまま日中ずっと過ごせる。朝の運動の勝ち!

【関連記事】