Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ピルについての正しい知識、どれくらいありますか? 医師監修のファクトブックが無料公開

配信

ねとらぼ

 コロナによる休校や外出自粛が長く続いた現在、中高生の望まない妊娠についての相談が増加していると報じられています。日本は性教育の遅れが指摘されており、子どもだけではなく大人も避妊や性感染症についての正しい知識がないことがあります。 【画像】ファクトブックの内容  そんな中、主に経口避妊薬(ピル)に関する情報をまとめた「PILL FACTBOOK/経口避妊薬ファクトブック~人々が健康に活躍できる社会のために みんなに知ってほしい7つのこと~」(以下、ファクトブック)が無料公開されました。制作は、医師がオンラインで診察(自由診療)・ピルの処方を行うアプリ「スマルナ」を運営するネクストイノベーション。  ファクトブックでは西條婦人科往診クリニックの西條良香さん監修のもと、避妊だけでなく月経に関係するさまざまな不調の改善・緩和などさまざまな服用目的があることや避妊方法別の避妊率、日本の中絶の現状、ピルと婦人科系がんのリスクなどについて表やグラフを使ってわかりやすく解説されています。  ファクトブックはピルの服用率が極端に低いこと(日本0.9%、先進国で24.6%)や、アプリを通したユーザーとのコミュニケーションで体に対する知識の不足から、避妊や生理でトラブルがあっても適切に医療にアクセスできない若い女性が多いことなどを背景に作成されたとのこと。デジタル版の無料公開のほか、「スマルナ」がプロデュースしたクリニック内での配布、希望する教育機関への無償提供が行われます。  今後は「性感染症」「性教育」といったテーマでファクトブックを作る予定とのこと。ファクトブックで学びながら、健やかに自分の体と付き合えるといいですね。 (ねとらぼGirlSide/谷町邦子)

ねとらぼ

【関連記事】