Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モヤモヤとザワザワを言葉に直す~家事と家族と居心地の話~【#stayhome】

配信

集英社ハピプラニュース

うまくいかない、うまくいえない

……モヤモヤ、ザワザワ…… SNSから、立ち話から、身の回りの人から、聞こえてくるいろんな話。 それは「私より」ちゃんとしてる、キラキラしてる、家族に恵まれてる、「うまくいってる」人たちの話。 それに比べて、なぜ私は? 言葉にできないけど、それはいらだちのような、悲しみのような、損した気分のような、子どもっぽいような、ばかみたいような、でもとても深刻な。 ……モヤモヤ、ザワザワ…… 家事、家族をめぐる、そんな言葉にならない、言葉にしにくい気持ちの一角を捉えようというお話を、昨秋させていただく機会がありました。今回は、ここでその内容の一部をご紹介したいと思います。

他の家族と、私の家族は、別の人間で、できている

今ほど、「情報」があふれた時代を生きている人はいないんじゃないでしょうか。 スマホは、写真や動画といった、これまで限られた人しか扱えなかったメディアを普通の人のものにしました。 偉い人が言うんじゃない、普通の人が話す「当たり前」の圧って、結構強いんです。 「うちではこうしてる」「私はこうやってる」素敵な家、ちゃんとした暮らし。 発信するほうが「私は普通の人」っていってるんだからこれくらいやってて当たり前なんだよね? でも、なんで、私の暮らし、イメージしたようにできないんだろう? もし「モヤモヤ」の一端にそんな思いがあるのでしたら、こう唱えてみてください。 それは「他の家族と、私の家族は、別の人間で、できている」から。 それこそ当たり前ですけど、うまくいってるふうな人は「私の」家族じゃない。他人なんです。 それに、言ってみれば「私の家族」だって、「私」じゃなくて「他人」なんです。 だから「私がイメージする私の暮らし」と、「家族のイメージする暮らし」の中身、それぞれの価値観、なされる家事の内容、期待……。それぞれもまた、食い違って「当たり前」! そこを自分本位に推し進めていくことは、家族の関係を軋ませこそすれ、固く結びつけはしません。 むしろ、『家庭の居心地を悪くしてしまいかねないのです。でも「普通」や「当たり前」っていう「思い込み」に駆られてしまうと、まずこの前提が分からなくなってしまいがちなんですね。

【関連記事】