Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラーウアナスンが渾身アタック決め独走勝利 ログリッチは安定した走りで首位キープ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Cyclist

 ツール・ド・フランス2020の第14ステージが、現地時間9月12日に行われた。大小いくつもの丘を越えて、リヨン市街地へのフィニッシュは、フィニッシュ前3kmでアタックを決めたセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チーム サンウェブ)が独走勝利。ツールでは初めてのステージ優勝を挙げるとともに、チームとして今大会2勝目を挙げた。終盤にかけて混戦となったレースだが、個人総合上位陣はいずれも2位以下のメイン集団でフィニッシュ。プリモシュ・ログリッチ(スロバキア、ユンボ・ヴィスマ)が首位のマイヨジョーヌを守っている。 【特集インデックス】ツール・ド・フランス2020 変化に富んだ“平坦”ステージ 逃げはレース半ばに吸収  大会第2週も後半へと入る。第14ステージはクレルモン・フェランからリヨンまでの194kmに設定された。主催者は発表では平坦にカテゴライズされるが、コース上には5つの山岳ポイントが置かれ、緩急問わず上り基調の区間が多い。フランス第二の都市・リヨン市内に入ると、コート・ド・ラ・デュシェール(登坂距離1.4km、平均勾配5.6%)、コート・ド・ラ・クロワ・ルース(1.4km、4.8%)と2つの4級山岳が、フィニッシュへと急ぐプロトンの前に立ちはだかる。最後の10kmはアップダウンもさることながら、つづら折りや立て続けに現れる鋭角コーナーなど、テクニカルなレイアウトも特徴的だ。  前日のステージを終えて、総合上位戦線を走っていたロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)が大会からの離脱を発表。クラッシュ時に頭を打ち、脳震盪の症状があるとしている。  レースはまず、ケース・ボル(オランダ、チーム サンウェブ)とエドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)がメイン集団からのリードを得ることに成功。さらにはシュテファン・キュング(スイス、グルパマ・エフデジ)、カスパー・ピーダスン(デンマーク、チーム サンウェブ)が合流。その後、ボルとピーダスンが集団へと戻って、先頭にはトゥーンスとキュングが残った。  メイン集団は3分以内のタイムギャップで先頭2人との差をコントロール。38km地点に設けられた中間スプリントポイントを前に、マイヨヴェール奪還を狙うペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)がチームメートのマキシミリアン・シャフマン(ドイツ)とともに抜け出し、高ポイント獲得に動く。サガンは3位で通過し、15点を獲得。その後にやってきたメイン集団でポイント賞首位のサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が6位通過となり、この段階で61点差となった。  この日2つ目の登坂区間である2級のコル・ドゥ・ベアルに入って、先頭ではトゥーンスが後方へ。キュングが独走でしばらく進んでいく。メイン集団ではボーラ・ハンスグローエを中心にペーシング。労せずキュングとの差を縮小させ、中間地点を過ぎた直後にキャッチ。ベネットらスプリンターの多くが上りに耐えられず遅れたが、集団はそれを待つことなく着々と残る距離を減らしていった。 アタック一発で決めたクラーウアナスンが独走勝利  目的地のリヨンが近づいてくると、メイン集団はリーダーチームのユンボ・ヴィスマが牽引を本格化。残り15kmを切ると、イネオス・グレナディアーズも前へと上がってきてペースを整える。  終盤に入り、コート・ド・ラ・デュシェールの上りで一気に慌ただしさを増す。ティシュ・ベノート(ベルギー、チーム サンウェブ)のアタックは、ユンボ・ヴィスマが集団統率を図ったことで一時的ながらタイム差が広がる。ヴァランタン・マデュアス(フランス、グルパマ・エフデジ)が追走狙いで飛び出すも、これは集団が許さない。ベノートも下りに入って勢いが続かず、集団へと引き戻されてしまう。  代わって仕掛けたのはレナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)。ここも集団は一気に追うことはせず様子を見るが、コート・ド・ラ・クロワ・ルースでトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)やジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)などが次々と追撃を開始。個人総合3位のエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)も同調したが、これを食い止めるべくユンボ・ヴィスマ勢が集団をペースアップ。頂上通過後には、前を狙った選手たちがすべて吸収される。この後すぐには、マルク・ヒルシ(スイス、チーム サンウェブ)やサガンが動きを見せたが、いずれも決まらない。  そんなアタックの応酬に終止符が打たれたのは残り3km。集団前方が牽制気味になった間隙を縫って、クラーウアナスンが一気の攻撃。これに合わせる選手が現れず、クラーウアナスンはあっという間に差を広げていく。  結局、一発のアタックでレースを決めたクラーウアナスンは、わずかな時間で集団に対して十分なリードを奪って最終ストレートへ。自身ではツール初勝利、チームとしては2日前の第12ステージを勝ったヒルシに続く今大会2勝目とした。 クラーウアナスン「自分たちでもできる」  スタート直後からボルやピーダスンが積極性を見せ、終盤に入ってからはベノート、ヒルシ、そしてクラーウアナスンの波状攻撃。チームはステージ優勝にフォーカスして、ここまで狙いを定めて動いてきた。  快勝のクラーウアナスンはレース後の記者会見でチーム状態を問われ、「ヒルシがチームに大きなモチベーションを与えてくれた。あのヤングライダーが信じられない走りを見せていることで、チームみんなが“自分たちでもできる”という思いに駆り立てられている」と述べ、今大会を通じて逃げで魅せる若手有望株がもたらす影響について語った。自チームを出場チーム中最も若いチームではないかと見たうえで、「将来性があって、いつだって挑戦ができる」ことに価値を見出しているとした。  クラーウアナスンに先行を許す形になったメイン集団は、15秒差でレースを完了。前方はスプリント力のある選手たちが固め、ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)がステージ2位とした。終盤は大混戦となったが、個人総合上位陣は問題なくフィニッシュ。バイクトラブルに見舞われたリッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)も素早い対応で集団に復帰し、無事に終えている。  これにより、ログリッチが引き続きマイヨジョーヌを着ることに。レースを終えて、「イージーな1日になるかもしれない、という期待通りにはさすがにいかなかった。特に終盤のテクニカルなコースではポジショニングに気を配って、完璧な位置取りに努めた」と振り返っている。  9月13日は、第2週の最終日。それにふさわしいステージが用意された。第15ステージはリヨンからグラン・コロンビエまでの174.5km。中間地点を過ぎてから、1級山岳モンテ・デ・ラ・セル・ド・フロマンタル(11.1km、8.1%)、同じく1級山岳コル・ド・ラ・ビッシュ(6.9km、8.9%)を立て続けにこなす。その後長い下りを経て、迎えるは超級山岳グラン・コロンビア(17.4km、7.1%)。断続的に10%を超える区間が現れ、フィニッシュ前も急坂。確実にマイヨジョーヌを意識した個人総合上位陣の争いが見られる1日になる。  重要なステージに向け、ログリッチは「壮大なチャレンジ」、個人総合2位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)は「ログリッチへの挑戦の日」とそれぞれコメント。他の上位陣ももちろん勝機をうかがっており、第3週へとつながる熱いレースから目が離せない。 【特集インデックス】ツール・ド・フランス2020 第14ステージ結果 1セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チーム サンウェブ)4時間28分10秒 2ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)+15秒 3シモーネ・コンソンニ(イタリア、コフィディス) 4ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) 5カスパー・ピーダスン(デンマーク、チーム サンウェブ) 6ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) 7マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム) 8オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 9ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・マクラーレン) 10マルク・ヒルシ(スイス、チーム サンウェブ) 個人総合(マイヨジョーヌ) 1プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 61時間3分0秒 2タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)+44秒 3エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)+59秒 4リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)+1分10秒 5ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)+1分12秒 6ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム)+1分31秒 7アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+1分42秒 8ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)+1分55秒 9リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)+2分6秒 10エンリク・マス(スペイン、モビスター チーム)+2分54秒 ポイント賞(マイヨヴェール) 1サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)262 pts 2ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)219 pts 3マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)169 pts 山岳賞(マイヨアポワ) 1ブノワ・コヌフロワ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)36 pts 2ナンズ・ピーターズ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)31 pts 3マルク・ヒルシ(スイス、チーム サンウェブ)31 pts 新人賞(マイヨブラン) 1タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 61時間3分44秒 2エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)+15秒 3エンリク・マス(スペイン、モビスター チーム)+2分10秒 チーム総合 1EFプロサイクリング 183時間12分36秒 2モビスター チーム+3分0秒 3ユンボ・ヴィスマ+23分2秒 【J SPORTSでツール・ド・フランス全21ステージ独占生中継】

【関連記事】