Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新しい生活様式で「絆が深まる夫婦」と「深まらない夫婦」その違いとは!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

Stay Homeの経験を通して、家族間での家事分担へも変容の兆しが見られるようです。こうした変化への対応の仕方によって、夫婦間の「絆」に大きく影響を与えているようです。 「ゆとりうむプロジェクト」が、2020年7月に全国20歳~49歳の既婚有職女性400人に対して、アフターコロナの家事実態調査を実施して公表しておりますのでご紹介いたします。この調査結果を、ご夫婦の「絆」を深めるためのヒントにしていただきたいと存じます。

■新しい生活様式で共働き夫婦がうまくいくには? 新型コロナで明らかになった「ゆとり」の重要さ。鍵は「家事分担」にあり

新型コロナの流行で多くの人にとって在宅時間が増えており、その分家事時間が増える傾向があります。「テイクアウト」「レトルト」といった効率化を実践している家庭も多いようです。在宅時間を活用できる分、「下味冷凍」といった、手作りでありながら時短につながるやり方も、効率化には欠かせないでしょう。 他方で「家事分担の必要性」を感じたと回答した人の割合も5割を超えており、夫婦間での分担は必要性を増しています。新型コロナの流行は、多くの人にとっては夫婦間の仲を深めるという結果が出ていますが、これから在宅ワークをはじめとする「新しい生活様式」が定着していくなかで、夫婦間で心と時間のゆとりを確保することが重要です。新型コロナは流行を繰り返す可能性があり、「いざ」というときに対応できる余裕が必要なのです。

■調査での具体的な質問と回答の内容

*「あなたは、Stay Homeを経験して、家族間での家事分担の必要性を感じましたか」という質問には… 「強く必要性を感じた」「必要性を感じた」が54.1%。過半数以上の人が、自粛期間をきっかけに家族間での家事分担の必要性を感じています。 *「新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除以降の家事分担について、自粛期間の前と比べて、夫婦の協力する機会について変化がありましたか」という質問には… 「とても増えた」「増えた」と答えた人が37.8% 「変わらない」60.3%。必要性を感じてはいるが行動に移せていない夫婦が多い結果に。 *「緊急事態宣言解除後、あなたの心理的変化に最も近いものをお答えください」という質問には… 「心のゆとりがほしい」29.0%「時間的ゆとりがほしい」28.5%。コロナ禍をきっかけによりいっそう時間や心のゆとりを求めている結果に。 *「新型コロナウイルスの流行を受けて、あなたの家族関係は変化しましたか」という質問には… 「新型コロナウイルスの流行を受けて、あなたの家族関係は変化しましたか。(お答えは1つ)」という質問に対して、「家族との絆が深まった」と答えた人が28.3%でした。 一方、「家族の仲が悪くなった」と答えたのは5.8%「特に変わらない」と答えたのは62.5%でした。 *家族との絆が深まったと答えた人の中で、夫婦で家事分担をするためにしている対策を聞いたところ… 「家事の役割分担、振り分けを徹底した」45.9%「家事シェアボードを使っている」32.4%「密な会話を心がけている」32.4%という結果となり、絆が深まった家族は家事分担やコミュニケーションを工夫して徹底していることが分かりました。 *「新しい生活様式の中で、あなたのご家庭で料理の効率化に向けて実践していることをお答えください」という質問では… 「作り置き」38.5%「下味冷凍」18.8%と作り置きや時短料理で工夫していることが分かりました。

【関連記事】