Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夜の街」対策だけでいいのか?防ぐべきは市中感染

配信

JBpress

 (筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家)  この原稿を書いている時点で、東京での新型コロナウイルスの感染者は4日連続で200人を超えている。収束の気配は一向に見えてこない。だが今のままの対応なら、残念ながら収束に向かっていくことはないだろう。  東京都の小池百合子知事などの発言を聞いていると「夜の街」「若い人」というキーワードが連発されているが、これは正しい情報の発信なのか疑問に思う。7月10日に西村康稔担当相と小池百合子都知事、新宿区長、豊島区長が会談したのも「夜の街」対策のためだ。そこでは「3つの対策」として、「戦略的なPCR検査の実施」「メリハリのきいた感染防止対策」「保健所機能の強化」をあげている。  「戦略的」などという大仰な表現をしているが、要するに感染者を出したホストクラブなどのPCR検査を進めるというだけのことだ。「メリハリのきいた感染防止対策」などというのは言葉遊びにすぎない。そんなものがあれば、「夜の街」以外でも大いにやってほしいものだ。  そもそも「夜の街」というくくり自体が実に漠然としたものだ。これでは居酒屋や寿司店、レストランなど夜営業の飲食店はすべて含まれることになってしまう。これらの業態の業者にとっては、迷惑な限りであろう。

 実際に多くの感染者を出し、クラスターになっているのは、新宿の歌舞伎町で言えば、多くの場合ホストクラブのはずだ。埼玉県の大宮での感染増もキャバクラやホストクラブが中心だった。大量の感染者を出した鹿児島の「おだまLee男爵」という店はニューハーフのショーハウスというものらしい。  問題は、なぜこういうところで多くの感染者が発生しているかである。同じクラブでも銀座の高級クラブでクラスターが発生したという報道はない。だとすればホストクラブやキャバクラなどの接客のあり方に感染拡大の要因がある、ということになる。  単に3密だけではないはずだ。感染者の数だけではなく、なぜこういう店舗で多くの感染者が出たのか。その原因を追求し、公表すべきである。 ■ 市中感染対策こそ重視すべき  感染拡大が「夜の街」だけにはとどまっていないことこそ深刻である。ホストクラブなどで働く人々の多くは、若くて、無症状の人が多い。この人たちが街中で普通に生活をしているのだから、市中感染が拡大しても何の不思議もない。東京都内でも、その他の地域でも、感染者が増加しているのは「夜の街」だけではない。感染経路不明者が半分か、それ以上になっている。これは市中感染が始まっていると捉えるべきである。  東京都内では、小学校の生徒や教師にも感染が拡大しつつある。文京区の保育園では、保育士2人、園児20人の感染も起こっている。家庭内や職場での感染の広がりも見られる。  緊急事態宣言が解除され、多くの分野で日常が戻ってきている。人との接触の機会が宣言発動中に比べて飛躍的に増加している。経済を回していくためには、避けがたいことでもある。

【関連記事】