Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

むち打ち刑に初の女性執行部隊、インドネシア・アチェ州

配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【1月29日 AFP】覆面姿の女性執行官が緊張した様子で近づき、所定の位置に着くと、女性受刑者の背中に連続してむちを下ろした。公開むち打ち刑が行われているインドネシア・スマトラ(Sumatra)島のアチェ(Aceh)州で結成された初の女性執行部隊だ。  むちで打たれた未婚の女性は、ホテルの一室に男性といるところを捕らえられた。イスラム教徒人口が世界最多のインドネシアの中でも唯一、イスラム法(シャリア)が施行されているアチェ州では、婚前交渉は道徳に反する犯罪とされている。  州都バンダアチェ(Banda Aceh)宗教警察の捜査主任は、今回担当した女性執行官について、「よくやったと思う。彼女の腕は良い」とAFPに語った。  むち打ち刑をめぐっては人権活動家らが反対し、メディアや政治家たちの間で激しい論争が展開されている。  ジョコ・ウィドド(Joko Widodo)大統領も公開むち打ち刑の廃止を求めているが、アチェ州で起きていることについての発言力はほとんどない。  アチェ州では婚前交渉の他、賭博や不倫、飲酒、同性愛者間の性行為などが犯罪とみなされ、刑罰として一般的に公開むち打ち刑が適用されるが、刑の執行はこれまで男性が行ってきた。  専門家によるとインターネットへのアクセス増加とグローバル化によって、地元の文化的・宗教的規範との衝突が拡大しており、婚前交渉や公共の場での愛情表現で犯罪に問われる女性が増えているという。  これに伴ってむち打ち刑の執行数も増加しており、アチェ州は現在、イスラム法に従って、女性犯罪者に対するむち打ち刑を担当する女性執行官を求めている。  しかし、女性たちに執行官になろうと思わせるのは簡単ではなく、初の女性執行部隊を結成するまでには何年もかかったという。 ■「むち打ち執行官」への道  執行官になることに同意した宗教警察官の女性8人は、むち打ちの適切な技術や、受刑者のけがの程度を抑える方法を学んだ。  AFPは女性執行官への取材を求めたが、安全上の理由からアチェ州当局に断られた。執行官たちは身元を隠すため、布製の覆面と大きめの茶色い制服を着用している。  宗教警察の捜査主任は、「われわれは執行官が体力を維持できるようトレーニングを行い、適切なむち打ちの方法を教えている」と述べた。さらにむち打ちの「こつ」は同胞をたたくという精神的ハードルを乗り越えることであり、神と向かい合うことが必要だと説明した。  また「われわれが行っていることは、執行官が自分の役割についてよりよく理解するための一種の教化だ。神の法を犯す者への慈悲は必要ない」と述べた。  アチェ州当局は公共の場や建物でのパトロールや、告発を受けての監視活動に平行して、むち打ち刑が犯罪を抑止していると主張する。  むち打ちの痛みは強烈で、失神したり病院に搬送されたりする受刑者もいる。同性愛者の性行為や未成年者との婚前交際などの最も重い罪に対しては、150回ものむち打ち刑が言い渡されることもある。  ある住民は、「アチェでのイスラム法(の適用)はまだ甘い」「むち打ちだけでなく、石打ちのようなより厳しい罰が必要だ。不倫した者は石打ち100回の刑に処されるべきだ」と述べた。  映像前半はむち打ち刑を執行する女性執行官。後半は取材に応じた宗教警察の捜査主任や当局のパトロール。2019年12月撮影。(c)AFPBB News

【関連記事】