Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カリスマ経営者が東京で始めた「絶メシ」は、地方の飲食店の救世主かもしれない。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

根強い人気があるにも関わらず、後継者不足などで消えゆく危機にある飲食店の料理「絶メシ」。全国に眠る、知られざる絶品グルメを東京・新橋で味わえ、売り上げの一部を地元に還元する「烏森 絶メシ食堂」が7月中旬のオープン早々から話題だ。 【全画像をみる】カリスマ経営者が東京で始めた「絶メシ」は、地方の飲食店の救世主かもしれない。 営むのは飲食店運営のミナデイン社長・大久保伸隆。居酒屋チェーン「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーで30歳にして副社長を務めた後、2018年に独立。新橋で開業した居酒屋を人気店に育て上げるなど、飲食業界を知り尽くした人物だ。 コロナで大きなダメージを受けた飲食店が生き残るためには何が必要か。移ろいゆく時代の中、大久保が考える外食産業の未来について聞いた。

「アップデート」ではなく「古いもの」にこそ価値がある

「何よりも愛されながらも、なくなっていく飲食店があることが、同業者としてとっても悲しかった」 緊急事態宣言を受けて、大久保が経営する新橋の店舗も4月は全面休業。自身も自宅待機の最中のある日、ふと自宅で夕方の報道番組を見ていると、各地の飲食店が苦境にあえぐニュースが目に入った。 そこには苦しい経営を立て直そうと、テイクアウトやデリバリーなど慣れない業態に参入している人たち、そして泣く泣く廃業や倒産を選ぶ人たちがいた。 「僕は旅行が趣味なのですが、その目的の半分はその土地ならではの食文化です。ITと違い、リアルの世界は“アップデート”ではなく“古いものにこそ価値が出る”という側面がある。歴史遺産もそうですが、古く価値あるものを、どうやって残していくべきか……」 もちろん、古きものが新しいものに取って代わられることもある。市場経済の中では消費者から「価値がない」とみなされ、経営力や魅力がない企業が「淘汰」されることはままある。 それでも、全国各地には昔から地元の人に愛され、ローカルならではの食の魅力があると大久保は語る。 「昔からその街の人が食べていた料理やお店がなくなるのは寂しい。街の人も悲しむ。古いお店や地元の食文化を知るのは純粋に楽しいことです。その楽しみをなくしたくない。コロナ禍という一個人にはどうしようもない事態に、同じ飲食店を経営する自分には何ができるか。僕のお店を通して、そういうお店をどうやったら手助けできるかを考えたんです」

【関連記事】