Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【オリックス神戸移転30年(1)】2つの変遷を知る男・山内嘉弘

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

『阪急ブレーブス』が球団経営を譲渡して1989年に『オリックス・ブレーブス』が発足した。91年にはチーム名を改め、『オリックス・ブルーウェーブ』となり、本拠地も西宮から神戸へ。そして今年で“神戸移転”30年の節目を迎えた。『阪急』から『オリックス』へ、そして『ブレーブス』から『ブルーウェーブ』へ──。球団史に刻まれた2つの変遷の真っただ中で、現役時代を過ごした一人が山内嘉弘だった。

色調がまったく変わったユニフォーム

 近大のエース右腕だった山内は1987年秋(昭和62年)のドラフトで阪急から2位指名を受けて入団する。ルーキーイヤーとなる88年(昭和63年)に、上田利治監督がストッパーに抜擢すると、4勝11セーブの大活躍。「その当時は四球を4つ出す前に、三振を3つ取ればいい。ホームさえ、踏まさなきゃいいと思っていました」と、新人らしからぬ強気な投球ぶりは、若き守護神にふさわしいものだった。  その年の10月19日。西武と優勝を争っていた近鉄が、シーズン最終戦となるロッテとのダブルヘッダーで、連勝すれば逆転V、1つでも負けるか、引き分けならV逸という、球史に残る「10・19」の死闘を、川崎球場で繰り広げたまさにその日、阪急からオリックスへの身売りが発表された。 「新人で入って『これから、ここが俺の職場だ』と思いながら、西宮球場でランニングしたのが、1年前でしたから……。どこへ行くんだろうって、ちょっと不安になったのを覚えていますね」  親会社が変わると、ユニフォームももちろん変わる。山内の入団当時の阪急は、ホームでは白地のユニフォームに、胸には筆記体の赤文字で「Braves」のロゴ。ビジターでは上下ブルーで、胸には「HANKYU」。シンプルながら、重厚なイメージを漂わせていたものから、白地のユニフォームの胸ロゴは、ゴールデン・イエローに、オリックス・ブルーの縁取りで「Braves」となり、ビジター用は、オリックス・フルー地ユニフォームに、胸のロゴはゴールデン・イエローで「ORIX」となった。  色調がまったく変わったユニフォームへの戸惑いも、山内は覚えているという。 「うーん、何て言ったらいいんでしょうね……。もっと渋い感じになるかと思ったら、最初、パジャマみたいな感じだったですね。でも、不思議なもので、門田(博光)さんやブーマー(・ウエルズ)がいて、強かったでしょ、あの当時? そうすると強そうなイメージに見えてくるんですよね。オリックス・ブレーブスのとき、ブルーサンダー打線ですごく強いイメージを植え付けたんじゃないですかね」    山内も、オリックス元年の89年(平成元年)には、4勝12セーブをマーク。しかし、右ヒジを痛めたプロ3年目の90年(平成2年)は一軍登板なし。翌91年から、チーム名が「オリックス・ブレーブス」から「オリックス・ブルーウェーブ」に変わり、さらに本拠地を西宮から神戸へ移すことが発表されたとき、山内は右ヒジを手術した病院のベッドの上にいたという。 「『ブルーウェーブ』と聞いて、病室で早速、サインを考えて書いてみたんです。だから多分、ブルーウェーブのサインを書いた選手は僕が一番ですよ」と当時の思いを、関西人らしい笑いのエピソードを交えながら、振り返ってくれた。

【関連記事】