Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鉄砲洲稲荷橋湊神社』:浮世写真家 喜千也の「名所江戸百景」第73回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

歌川広重『名所江戸百景』では第77景となる「鉄砲洲稲荷橋湊神社(てっぽうずいなりばし みなとじんじゃ)」。「下りもの」の廻船(かいせん)でにぎわう江戸湊を、富士山と共に描いた一枚である。

新酒の到来に沸いた江戸湾の玄関口

江戸の町における海の玄関口「江戸湊」は、日本橋川の支流・亀島川(越前掘)の河口付近にあった。現在の亀島川は隅田川に合流するが、江戸時代には、この辺りまで江戸湾だった。 亀島川河口の西側は江戸時代初期には砂州で、埋め立てられた後も本湊町(現・中央区湊1~3丁目)から南の明石町辺りまでを「鉄砲洲」と呼んだ。河口東側の霊岸島(現・中央区新川1~2丁目)には、幕府の船手頭・向井将監(しょうげん)の船手組屋敷があり、諸国から江戸へ入る船は古くはこの場所であらためを受けたため、江戸湊が発展したようだ。千石船と呼ばれる大型船の荷は、小ぶりな平舟に載せ替えた後、亀島川や八丁堀(桜川)を経由して、日本橋や京橋など江戸の商業中心地の蔵へ送られた。 広重の時代、東北の船荷が利根川の水運ルートを利用して中川船番所を通ったのに対し、江戸以西からの船荷は浦賀(神奈川県横須賀市)の船番所を経由し、この江戸湊に入った。特に「上方」と言われた関西からの「下りもの」が多く扱われたので、広重の絵に描かれた大量のたるは灘(兵庫県南東部)からの「下り酒」であろう。当時の江戸の町が消費した酒は約8割が「灘の生一本」で、秋に新酒が出来上がると江戸への一番船が競われるなど、祭りのような騒ぎであったという。 日本一と誉れの高い新酒が到来しためでたさを、広重は日本一の霊峰と共に表現している。帆を下げて荷下ろしする千石船の帆柱と縄を近景に描き、その2つの三角形と呼応させるように雪を戴冠した富士と神社の大屋根を配している。朱塗りの塀に囲まれた神社は海上守護の神「鉄砲洲稲荷神社」で、「湊神社」とも呼ばれた。中央に架かるのが「鉄砲洲稲荷橋」で、2つの帆柱をつなぐような曲線が秀逸な構図だ。奥に伸びている運河は八丁堀で、その南岸(絵の左側)の南八丁堀(現・中央区湊1丁目、入船1丁目、新富1丁目)には白壁の蔵が並んでいる。 写真は秋晴れの日に、霊岸島から亀島川越しに撮影した。今では、この辺りから富士山は拝めず、八丁堀も埋め立てられている。正面の低い建物は東京都下水道局の「桜橋第二ポンプ所」で、八丁堀のかすかな名残だ。鉄砲洲稲荷神社は、120メートルほど南西に遷座したが、左端のビルが建つ水際の地形は朱塗り塀があった頃と変わっていない。手前の小型船舶の停泊施設に、江戸湊を重ねてシャッターを切ると、デッキの柱の先端も帆柱の三角形に同調した。

【関連記事】