Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<松岡修造>全米オープン出場の大坂なおみ選手 「心技体の合致」で優勝の可能性 男子ATPツアーでコート復帰の錦織圭選手にエールも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 米ニューヨークで8月31日に開幕したテニスのグランドスラム(四大大会)の一つ「全米オープンテニス」。新型コロナウイルスの影響を受けた無観客での実施に加え、メディア規制などさまざまな対策が行われる中での今大会を、日本テニス協会強化副本部長で、WOWOWテニス解説者の松岡修造さんが振り返った。 【写真特集】あの松岡修造がげんなり? 菜々緒から“悪態”つかれ思わず…

 松岡さんは、今回の全米オープンテニスについて「選手も大会側も初めての経験ですから、さまざまなハプニングが起こりながらも継続していること自体がすごい」と話し、「途中で大会が中止になることも十分に考えられる中、テニスが継続できていることで、五輪も含めたその他のスポーツへの可能性が大きくなっている気がします」と印象を語る。

 また、コロナ禍での実施は「何かみんなで協力し合うとか、今までの大事な考え方を再確認させるようなもの」だといい、「大会サイド、ATP、WTA、選手がより一つになってほしい願いがあります」と希望を抱く。

 9月6日には男子ベスト16も決定したが、松岡さんは「一番に感じたことは、どの選手もうまく調整を行ってきている、ということです。自粛で試合を行えていないのに、ここまで仕上げてきているとは思いもしませんでした」と驚く。

 特に若い選手の活躍が目覚ましく、中でもフェリックス・オジェ アリアシム選手については「ほれぼれするくらい良いテニスをします。どこがどう良いというよりも、全体的に見て素晴らしいです。動きも良いですし、メンタルも強いですし、弱点がない」と絶賛する。「これだけ良いテニスをする選手は久しぶりに見ました。たぶん、彼のテニスが、今後見本になっていくと思います」と期待を寄せた。

 惜しくも1回戦で全員敗退してしまった日本人選手5人へは、「今大会はラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラーといったトップ選手が不在でした。そういう意味で、チャンスがあっただけに残念な気持ちはありました」とコメント。しかし「男子日本選手が本戦に5人出ていること自体がすごいこと。自分も選手でしたので、グランドスラムの本戦に入ることがどれだけ大変か分かります」とねぎらいの言葉をかけた。

【関連記事】