Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

星野 源 初の生配信ライブで、アーティストとしての本質をダイレクトに体現。リスナーと1対1で向き合った一夜

配信

エムオンプレス

2020年7月12日、星野 源がソロデビュー10周年を記念した配信ライブ「Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert“Gratitude”」を渋谷CLUB QUATTROで開催した。 【写真】星野 源 初生配信ライブの模様 ちょうど10年前のこの日、1stアルバム『ばかのうた』のリリース・ライブを同じ会場で行った星野。この記念すべき日に行われた初の配信ライブで星野は、10年のキャリアを彩る名曲を次々と披露。革新的な音楽性の変化、そして、デビュー以来変わることがない、リスナーと1対1で向き合う姿勢を改めて示した。 ライブは19時30分にスタート。会場のロビー、レンガ風の壁が映され、カメラは星野の後ろ姿を捉える。渋谷CLUB QUATTROの楽屋を抜けバックステージからステージに移動した星野は、ギターを弾きながら、1曲目の「Pop Virus」の冒頭を一人で歌う。画面越しのオーディエンスに向かって、“刻む 一粒の永遠を”というフレーズが響くと同時に、カメラは(普段は観客が入っている)フロア全体を映し出す。そこには円を描くように置かれた機材とメンバーの姿が。長岡亮介(G, Cho /ペトロールズ)、ハマ・オカモト(B, Cho /OKAMOTO’S)、河村“カースケ”智康(Dr)、櫻田泰啓(Key, Cho)、石橋英子(Key, Flute, Cho)、STUTS(MPC, Tambourine)、武嶋 聡(Sax, Flute, Tambourine)が演奏に加わり、しなやかにして濃密なグルーヴが生まれる。さらに爆音ノイズとポップな音響が共存する「地獄でなぜ悪い」へ。「こんばんは、星野 源です!」と挨拶し、手拍子を誘うポーズをする星野は、満面の笑みだ。 「初めての配信ライブ。10年前のまさに今日、初めてワンマンライブをやった場所です」という言葉から、最初のMCへ。 「(フロアに)降りてきたのは、せっかく空いてるのにもったいないから。ライブの代わりにライブっぽい配信をやるのではなくて、ドームの真ん中でさんざんやっていた(機材、メンバーを円形に配した)コレをやろうと。距離が近い感じで、普通のライブでは見れない角度から。ぜひみなさん、最後までよろしくお願いします」と、この日のライブ形態の趣旨を説明した後、ドラムのカウントから「湯気」へ。リズムのキメをメンバー全員が目を合わせながら演奏し、心地よい一体感を演出。さらにブラックミュージック経由のノリと叙情的な歌メロが絡み合う「ステップ」を披露し、息のあったパフォーマンスが繰り広げられる。 星野「東京ドームだったら“東京”、名古屋だったら“名古屋”って言うでしょ?配信だったらどう言うの? これ、他の国でも見られてるし」 ハマ「各々は?」 星野「それいいね!」 というやり取りを挟み、「各々~!」(星野)という呼びかけに導かれた「桜の森」。星野のギター・カッティングを中心にメンバー全員の音が有機的に絡み合い、グルーヴ度の精度がさらに上がっていく。緻密さと解放感が合わさったアンサンブルは、“星野 源バンド”の大きな特徴。卓越した技術とセンスを兼ね備えたミュージシャンのプレイを至近距離で楽しめるのも、配信ならではの醍醐味だ。「桜の森」を演奏し終えた星野が呟いた、「ここにお客さんがいるつもりでやっちゃダメ。画面の向こうに(観客が)いることを意識したほうがいい」という言葉も心に残った。 ここでバンドメンバーを紹介。「やっぱり合奏っていいな」(河村)「同じ場所で演奏するって特別なことだよね」(星野)といった会話の後、「肌」へ。裏拍を入れたスネア・ドラム、ワウギター、フルートなどが心地よく溶け合う極上のサウンドが広がっていく。さらにトム・ミッシュとの共同プロデュース曲「Ain’t Nobody Know」では、ネオソウルを経由したアンサンブルと、どこか歌謡的なメロディがナチュラルに結びつく。この独特のハイブリッドな感覚こそが星野 源の音楽の核なのだと、改めて実感させられた。 ライブ前半でもっとも印象的だったのは、新曲「折り合い」。星野は椅子に座り、すべてのフレーズを視聴者に手渡すように歌った。特に<可愛げのある危機と/そうじゃない方 胸に抱いて>という歌詞は、この状況に置かれた人々の胸の内を表わしているようで強く心を揺さぶられた。 続いては1stアルバム『ばかのうた』収録曲で、10年前のワンマンライブでも披露された「老夫婦」(弾き語り)、そして、東日本大震災の時期に書いたという「未来」。演奏する前に星野は、楽曲にまつわるエピソードを話した。 「(『老夫婦』を)書いたのは、20代前半。昔の曲を歌うと、タイムスリップしたような不思議な気持ちになります。『未来』は2011年の3月に書いた曲。あれからもう少しで10年経ちますね。いろんなことがあって、どんどん時間が過ぎて、そのぶん新しい未来が生まれて。そのときにはこういう場所に立つとは全然想像できていなかったので、おもしろいなと思うと同時に、生きていくのは大変だなと。そのなかで、おもしろい瞬間、楽しい瞬間をちゃんと自分で作ってガシガシ生きていきたいなと思ってます」 何が起きるかわからない世界でも、しっかり自分の手で素敵な場所を作っていきたい――その意思は星野 源のエンターテインメントの根幹を支えているのだと思う。 STAY HOME期間中にInstagram上で発表され、大きな反響を呼び起こした「うちで踊ろう」も披露された。数多くのセッション動画が投稿されたこの曲について星野は、「音の重ね方、ダンスの重ね方、イラストの重ね方、僕は非常に楽しかった。離れた場所で同時に楽しめたり、何かに没頭する時間を作れたらいいなと思ってたんだけど、日々それを見ていて、僕がいちばん元気づけられました」と語った。バンド編成による「うちで踊ろう」は、この日が初披露。SNSでも「バンドアレンジで“うちで踊ろう”が聴けるなんて!」と歓喜の声が飛び交った。 ここからライブは後半へ。まずは「プリン」。これまでのライブと同様、曲のブレイク中にメンバー全員のトーク・コーナーに突入。 ハマ「(自粛期間中の)自由な時間、何してました?」 星野「自由な時間はほぼなかったんだよね。『折り合い』もそうだけど、ミックスまで自分でやろうと思って、勉強して」 ハマ「カースケさんは、お孫さんが生まれて」 河村「かわいいんだ、天使みたい。この時期にさ、最高の希望の光だよ」 といった会話をゆったり楽しんだ後、ハマのベースを合図にして、再び「プリン」へ。さらに「Crazy Crazy」では一気にテンションを上げ、気持ちいい高揚感を生み出した。 「人生のターニングポイントじゃないけど、ギアが変わったなというポイントがたくさんあって。この曲を作ったときもそう。スタッフの反応もそうだし、“こういうことをやりたかった”という自分の気持ちがあった」という言葉に導かれたのは、星野 源を本格的なブレイクに導いた「SUN」。さらに国民的なヒット曲となった「恋」、Superorganismをフィーチャーした「Same Thing」を続けて演奏。ファンク、ソウル、R&B、インディーポップなどを自在に吸収しながら、誰にも、何にも似ていない日本のポップソングへと昇華させ続ける星野。この3曲のパフォーマンスからは、彼の音楽的スタンス、価値観、美意識が真っ直ぐに伝わってきた。 ライブ終盤、星野は改めて画面の向こうのオーディエンスに話しかけた。 中学生の頃、人間関係が上手くいかなくて、それを吐き出すように曲を作っていたこと。いろんな音楽を聴くのが好きで、それをガソリンのように、エネルギーとして摂取して、そこから生まれた曲を人に聴かせて、喜んでもらえたことがきっかけで今の仕事につながったこと。 「大事な部分を人に見せるのが怖くて、表に出せなかった自分の歌を10年前の今日、表に出してから、いろんなことがあって。いろんな人との出会いも大事だったし、そのなかで戦ったり、悩んだり、くじけたりするなかで、いろんな音楽ができて。みなさんが聴いてくれるおかげで、生活できています。本当にいつもありがとうございます」と“歌”に対する真摯な思いと感謝の気持ちを口にしたあと、「Hello Song」を披露。<いつかあの日を/超える未来><笑顔で会いましょう>というフレーズを高らかに歌い上げ、「またいつか、一緒の場所にいられたら、笑顔で会いましょう! あと、画面越しでも別にいいじゃん!」と笑顔で叫び、ライブはクライマックスを迎えた。 バンドメンバーを送り出し、「今まで残してきた足跡を大事にして、それを積んでいって。自分が行きたい場所、自分にしか行けない場所、面白い場所に行きたいなと思います」と語った星野は、弾き語りで「私」を歌った。<あの人を殺すより/面白いことをしよう>。そんなラインで始まるこの曲は、星野 源の根源的な精神性とダイレクトに繋がっている。丁寧に歌を紡ぎ、「ありがとう」という言葉とともに右手でカメラのレンズを覆い、ライブはエンディングを迎えた。 初の配信ライブで、アーティストとしての本質をダイレクトに体現した星野 源。10月21日にはシングルボックス『Gen Hoshino Singles Box “GRATITUDE”』をリリースするなど、10周年のアニバーサリー企画はさらに続くことになりそうだ。生々しい喜怒哀楽を抱えたまま、サウンドメイク、ステージングを含め、新たな進化を続けている星野がこの後、どんなエンターテインメントを見せてくれるのか? 日本中がその動向に注目していることは間違いないだろう。 文 / 森朋之 撮影 / 西槇太一 ◆配信ライブ『Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert “Gratitude”』 〇視聴パス:3,500円(税込) ※7/19(日)19:30まで購入可 視聴パスをお持ちの方は、7/19(日)23:59までアーカイブ視聴いただけます。 <SET LIST> 1. Pop Virus 2. 地獄でなぜ悪い 3. 湯気 4. ステップ 5. 桜の森 6. 肌 7. Ain’t Nobody Know 8. 折り合い 9. 老夫婦 10. 未来 11. うちで踊ろう 12. プリン 13. Crazy Crazy 14. SUN 15. 恋 16. Same Thing 17. Hello Song 18. 私 星野 源 初の生配信ライブで、アーティストとしての本質をダイレクトに体現。リスナーと1対1で向き合った一夜は、WHAT's IN? tokyoへ。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】