Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸郷翔征は20人目になれるか? 長嶋茂雄、原辰徳、仁志敏久…巨人の新人王史

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今季の巨人は菅野智之が圧巻の投球を披露しているが、次いで大きな活躍を見せているのはプロ2年目の戸郷翔征だ。2018年のドラフトでは6位指名と評価こそ高くなかったが、1年目から二軍で好投を続け、シーズン終盤に一軍昇格。CS、日本シリーズでも起用され、今後の飛躍が期待された。迎えた今季、開幕先発ローテーション入りすると、ここまで10試合に登板して7勝2敗、防御率2.50と好投を続けている。この調子を維持できれば新人王も見えてくるだろう。では、戸郷が新人王を獲得した場合、巨人では何人目の受賞になるのだろうか。今回は、巨人の新人王の歴史を振り返ってみた。 戸郷翔征、佐野恵太、塹江敦哉…セ・リーグ6球団 今季の「若手成長株」は?

巨人初の新人王は伝説の20連勝達成者

 新人王が制定されたのが2リーグ制となった1950年。この年のセ・リーグは、松竹ロビンスの大島信雄が20勝4敗の成績で初代新人王に輝いた。巨人の選手が初めて受賞したのは翌1951年。入団3年目の松田清が23勝3敗、防御率2.01の成績を挙げ、見事に新人王に選ばれている。この年の松田は5月23日の広島戦からシーズン終了まで19連勝を果たし(翌年に20連勝まで伸ばしている)、セ・リーグでは現在も破られていない最多連勝記録を樹立した。  2人目は1954年で、後に指導者としてもプロ野球界に大きな影響を与える広岡達朗が受賞している。当時入団1年目だった広岡は、巧打・好守を武器に活躍し、当時3年連続ベストナインの平井三郎から正遊撃手のポジションを奪取。最終的に打率.314、15本塁打、67打点の成績を残し、新人王とベストナインを受賞した。1957年には藤田元司が新人王を獲得。プロ8年と短い選手生活の中で119勝を挙げ、巨人監督時代にはチームを2度の日本一に導いている。

 1958年のセ・リーグは、後にプロ野球最大のスーパースターへと成長する長嶋茂雄が受賞。1年目ながら打率.305、29本塁打、92打点、37盗塁と圧巻の成績だった。この年は9月19日の広島戦で本塁打を放った際、ベースを踏み忘れたことで取り消しになっており、もしこの取り消しがなければ、史上初となる1年目でのトリプルスリーを達成できた可能性もあった。

【関連記事】